福岡市南区08 注文住宅建築現場リポート⑤

5月8日(火)雨福岡市南区・宇美町・筑前町の3現場のリポートをさせていただきます昨日に引き続き雨が降っていて肌寒いです先ずは、福岡市南区の現場です4月13日の上棟式、誠におめでとうございます

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます窓が入っているところもありますとても残念ですが、雨ですので足場は上がれません次回のリポートをお楽しみに(^^♪
20180508 (23)-min

▼基礎外断熱のパフォームガードと耐力面材の間の黒色は、基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20180508 (22)-min

▼それでは、玄関へ
20180508 (1)-min

▼リビングより1階全体をパシャ
20180508 (2)-min

▼棟梁の丸川大工は、玄関側の耐力面材を張っています「こんにちは~お疲れ様です
20180508 (3)-min

▼筋交い工事が進んでいます斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180508 (4)-min

▼筋交いの中央をアップ大工職人技が光っています
20180508 (5)-min

▼青い印は、壁下地の通気胴縁墨出しです壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材で、胴縁を入れることで耐力強化されます墨出しした後、凹みを入れ通気胴縁を取り付けます

20180508 (6)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。
20180508 (7)-min

▼リビングです綺麗に整理整頓されています丸川大工の職人気質が光ります
20180508 (20)-min

▼1階寝室です窓や外断熱のキューワンボードが綺麗に並んで搬入されています
20180508 (21)-min

▼続いて、この簡易階段を使い2階へ下を固定しているので、カメラ抱えても安心して上がれます
20180508 (8)-min

▼子供部屋側より2階全体をパシャ
20180508 (9)-min

▼和室です
20180508 (10)-min

▼和室よりパシャ
20180508 (11)-min

▼洋室です
20180508 (12)-min

▼洋室天井をよく見ると、斜めの金物「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなります
20180508 (13)-min

▼子供部屋側では、丸川大工が作業中です
20180508 (14)-min

▼天井をパシャ屋根は、緩やかな片流れの形状なのが分かります
20180508 (15)-min

▼2階ホールです奥には、ピアノを設置されます
20180508 (16)-min

▼寝室です
20180508 (17)-min

▼子供部屋です
20180508 (18)-min

▼開いている部分は、階段部分です
20180508 (19)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください