福岡県福岡市南区06 注文住宅建築現場リポート⑤

11月30日(木)雨のち曇り本日は、南区2現場と那珂川町1現場の3現場のリポートをさせていただきます「どうか、雨がひどくなりませんように・・」と願いながら事務所を出発お陰様で大降りになることなくリポート出来ましたまずは、福岡市南区の現場です11月27日の上棟式、誠におめでとうございます上棟式より3日目です

▼本日の現場です屋根工事の真っ最中です棟梁の田口大工と屋根工事の田平瓦工業さんは休憩中ですが、現場リポートをさせていただくことに~バタバタして本当に申し訳ないです「よろしくお願いいたします」
20171130 (1)

▼この機械を使って屋根材を上げていきます
20171130 (2)

▼雨が降っていて滑りやすい足場ですが、滅多にリポート出来ない屋根工事用心しながら屋根まで上がります北側屋根の様子ですコロニアル葺き屋根材があげられています緑色のシートは、アスファルトルーフィング防水の役目があります
20171130 (3)

▼南側屋根には、コロニアル葺き屋根が施工されています
20171130 (4)

▼それでは、中に入りますブルーシートで覆われています
20171130 (5)

▼斜めの木は「筋交い」です筋交い工事が進んでいます筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20171130 (6)

▼大工さんによる筋交い工事の中心部分をアップ
20171130 (7)

▼筋交いプレートですこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。
20171130 (8)

▼2階へ上がります
20171130 (9)

▼一部耐力面材を張っています
20171130 (10)

▼朝の休憩も終わり、屋根工事担当の田平瓦工業さんの2人が工事に入りました
20171130 (11)

▼棟梁の田口大工は、金物の取り付けをスタート
20171130 (12)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください