福岡市南区04 注文住宅建築現場リポート③

6月22日(木)曇り梅雨の合間の曇り空貴重なリポート日和となり、ありがたいかぎりです福岡市南区花畑の現場です

▼6月26日(月)の上棟式に向けて、土台敷き工事の真っ最中棟梁の土﨑篤郎大工と土﨑パパ大工、現場監督の田之上と木村が作業中です「こんにちは~お疲れ様です
20170622 (1)

▼現場監督の田之上は、基礎コンクリートの内側に外断熱キューワンボードを施工していますこちらの住宅は、内断熱住宅施工です
20170622 (6)

▼現場監督の木村は、基礎や土台や外断熱キューワンボード等の隙間に発砲ウレタンフォームを充填しています緻密な作業です
20170622 (2)

20170622(13)

▼給排水管の部分は、特に念入りに発砲ウレタンフォームを充填しています
20170622 (7)

▼建物外周の土台の下に施している(黒くみえている)のは、内断熱ならではの気密パッキン気密パッキンは、外気をシャットアウトします
20170622 (5)

▼気密パッキンをアップ
20170622 (3)

▼分かりづらいのですが、建物内部には基礎パッキンを施しています基礎パッキンは、基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出します
20170622 (11)

▼床束です金属製のため、白蟻による浸食の心配がありません基礎と床束には、ウレタンボンドを施しています
20170622 (4)

▼棟梁の土﨑大工は、形に合わせて外断熱のキューワンボードをカットしています
20170622 (9)

20170622 (8)

▼次は、こちらに搬入している合板を張っていきます20170622 (10)

▼まだまだ、現場監督田之上による発砲ウレタンの充填作業が続いています
20170622 (12)

それでは、次回は上棟式のリポートになりますお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください