福岡市南区的場02 注文住宅建築現場リポート④

3月1日(木)曇りのち晴れ昨日からの春の突風が残りますが、西区と南区の2現場のリポートをさせていただきます本日は、福岡市の公立高校の卒業式ですおめでとうございます!そして昨日は、2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットが福岡市の谷口亮さんに決定地元の方の受賞は、私達まで嬉しくなりますね福岡市南区的場の現場です

▼本日の現場です3月5日の「上棟式」&「餅まき式」を控え、棟梁の泊好樹大工と現場監督の古藤・施工管理部の木村が土台敷きの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です
20180301 (5)-min

20180301 (8)-min

▼古藤は、昨日の雨水をスポンジで吸い取っています
20180301 (4)-min

▼黒色は基礎パッキン
20180301 (1)-min

▼基礎パッキンをアップ基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20180301 (9)-min

▼木村もぞうきんと塵取りを手に持ち、雨水と木くずを取り除く作業中です
20180301 (3)-min

▼土台は、それぞれの位置に搬入
20180301 (6)-min

▼建物前には、大引きと合板も搬入されています
20180301 (7)-min

▼給排水工事の様子です合板を張ると見えなくなるのでパシャ基礎と給排水管の隙間には、薄緑のモコモコが施されています防蟻ウレタンフォームですこの後、周りの木くずはお掃除しますので、ご安心を
20180301 (2)-min

▼すると、泊好樹大工は土台を取り付け始めました
20180301 (10)-min

▼事務所のウエルカムボードでも住宅コンシェルジュ樋渡の手作り「テルテル坊主」を飾り、スタッフ一同で上棟式のお天気を願っております
てるてる坊主-min

それでは、次回は上棟式のリポートになりますお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください