福岡市南区柏原03 注文住宅建築現場リポート⑤ ~上棟式~

こんにちは昨日10月21日(土)、福岡市南区柏原にて上棟式を執り行いました

大型の台風21号の影響が心配されていましたが、式が完了するまで崩れることなく、無事に上棟式を行うことが出来ましたそれでは早速、上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時15分ごろ。ラフタークレーンが到着しました周囲の通行や安全に注意を払いつつ、ゆっくりと現場に乗り入れていきます。
20171021_kashihara-41

▼そして、午前7時50分ごろ、施主ご一家が到着ですさっそく現場監督の古藤から、棟梁の泊好樹大工を紹介させていただきました
20171021_kashihara-2

▼作業開始の前に必ず行う四方のお清めです。まずは、棟梁の泊好樹大工がお米を置きます
20171021_kashihara-3

▼続けて、現場監督の古藤がお塩を置きます
20171021_kashihara-4

▼お清めのしめとして、ご主人にはお神酒をかけていただきました
20171021_kashihara-5

▼四方のお清めが終わったら、現場監督の古藤からのご挨拶とともに乾杯今日のために早起きしてくれたというはるくんの様子についついニッコリ
20171021_kashihara-6 20171021_kashihara-7

▼早速、上棟作業がはじまりましたまずは、一階の柱を立てていきます。立てていく順番は、四方の「通し柱(土台から軒まで伸びるもっとも長い柱)」、外側、そして内側の柱です。
20171021_kashihara-8 20171021_kashihara-9

▼柱が立て終わりました次は「胴差し」と呼ばれる横架材とすでに立てている柱に彫られた凹凸を合わせていきます
20171021_kashihara-10

▼外側からはじめて、内側にむかって「梁」をかけていきます。こうすることで安定し、安全な作業が行えるようになるんです
20171021_kashihara-11

▼重たい梁はクレーンで吊り上げ、小柄な梁は大工さんが支えて載せていきます「かけや(梁を叩く木づち)」を片手に次々と作業が進んでいきます
20171021_kashihara-12 20171021_kashihara-13

▼続いては、前回のレポートにあった「羽子板ボルト」の出番です一か所ずつ丁寧に連結固定していきます
20171021_kashihara-16 20171021_kashihara-15

▼こちらは一階の様子ですあっという間に柱が立ち並んでいます
20171021_kashihara-14

▼棟梁の泊好樹大工が、柱が垂直に立てられているかをくまなくチェックしていきます。
20171021_kashihara-42

▼柱が垂直になると、次は2階の「床材」を張っていきます
20171021_kashihara-18 20171021_kashihara-19

▼床材が張り終わったところで、「耐震面材」や柱が運び込まれます
20171021_kashihara-43

▼雨も降ることはなく、順調に上棟が進んでいっています早朝、この状態だったのが…
20171021_kashihara-41

▼もうこんなにも進んでいます
20171021_kashihara

▼クレーンで運び込まれた2階部分の柱も、全員で一気に立てていきます
20171021_kashihara-20

▼2階の天井部分の横架材も、1階とおなじように外側から内側に向かって作業を進めていきます
20171021_kashihara-21 20171021_kashihara-22

▼午前9時48分ごろ、2階の天井部分にあたる「小屋梁」の設置まで完了しました小屋裏収納部分の床材が手際よく張られていきます。
20171021_kashihara-23

▼2階の柱が垂直になると、屋根を支える柱「小屋束」を立てていきます
20171021_kashihara-44

▼小屋束の上に、「母屋」を取り付ける作業が始まりました
20171021_kashihara-50

▼そして、家の最も高い位置に取り付けられる屋根の部材「棟木」の取り付けですこの棟木の取り付けが完了すると、晴れて「上棟」を迎えます。
20171021_kashihara-24

▼午前11時00分ごろ、ついに「上棟」を迎えました誠におめでとうございます
20171021_kashihara-26

▼小屋束と母屋や棟木を「かすがい」で固定したら、次に小屋束を垂直に調整します
20171021_kashihara-27

▼続いては、棟木にズレが生じていないかのチェックズレが綺麗に無くなったら、すかさず「雲筋交い」で、小屋束を固定します。
20171021_kashihara-28

▼「垂木」の取り付けが始まりましたこちらの住宅は、複数の屋根がある構造になっており、写真の屋根は最も面積の大きい屋根「大屋根」と呼ばれます。
20171021_kashihara-46

▼午後11時19分ごろ、大屋根の垂木の取り付けはほぼ完了です
20171021_kashihara-29

▼2階の壁部分には「耐震面材」が取り付けられています
20171021_kashihara-30

▼垂木の取り付けを完了したら、その上に外断熱材の「キューワンボード」を取り付けていきます
20171021_kashihara-31

▼大屋根以外の部分には段差が出来ています。こうやって「耐震面材」を段差の部分に設置していきます。
20171021_kashihara-32

▼他の屋根にも、きちんと垂木を設置、キューワンボード…と大屋根と同じ工程を施します
20171021_kashihara-35

▼キューワンボードを敷き終わると、ボードとボードの繋ぎ目を専用の気密テープでしっかりと塞いでいきますそろそろお昼時が近づいてきました…
20171021_kashihara-33 20171021_kashihara-34

▼午後0時10分ごろ、池田が音頭を取り、お待ちかねの昼食会が始まりました
20171021_kashihara-49

▼お弁当だけでなく、ご主人様から温かいお言葉もいただきましたはるくんの笑顔もまぶしいですね
20171021_kashihara-47 20171021_kashihara-48

▼昼食会が終わったら、午後の作業がスタートです!気密テープでしっかりと処理をした上から、野地板の固定のために、さらに「垂木」を設置していきます
20171021_kashihara-37 20171021_kashihara-40

▼屋根の下地板「野地板」の設置がはじまりました
20171021_kashihara-38

▼午後2時40分ごろ、野地坂の設置が完了しました
20171021_kashihara-52

この度の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください

20171021_kashihara51

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください