福岡市南区花畑02 注文住宅建築現場リポート⑤

7月21日(木)晴れ青空とカラッとした風が吹く福岡市南区花畑の現場です

▼本日の現場です7月23日(土)の上棟を控え土台敷きの真っ最中です
01

▼高田大工と小屋町現場監督の姿が見えます
02

▼土台敷き前に床束を撮影床束とは、一階の大引という木材を支えるものです。よく見ると、基礎コンクリートと床束の継ぎ目には、ボンドが施工されています土台が敷かれたら見えなくなるので貴重な一枚
03

▼この写真どこかで見た福岡工務店だよりの2015年2月号「クイズ欠陥住宅」掲載中です木材の乾燥やアンカーボルトを打ち込む時に割れが生じることもある土台には、割れ目はありませんねまた、後日切断するときの目印も引かれています詳しくは工務店だよりを参考にされてくださいね
05

▼先週の配管工事もこのように
06

▼高田大工と小屋町現場監督2人で作業アンカーボルトが2本あるので2人で作業です
07

08

▼丁寧なビス打ち作業の高田大工細長の木材には均等幅の線が引かれていて、それに合わせてビスを打っています
09

▼ほぼ土台敷きが終わり、この後養生シートをかけていくます
10

それでは、次回のリポートは上棟式の様子ですお楽しみに

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください