五十川B 一覧

福岡市南区五十川B 注文住宅建築現場リポート➈

10月15日(月)晴れ本日は福岡市南区の現場より二件リポートをお伝えさせていただきます本日はとても綺麗な青空で、少し日中は外にいると汗ばみましたが、良い陽気の一日でした南区五十川の現場です

▼本日の現場です
DSC_0089-min

▼縦の木材は通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します
DSC_0092-min

▼バルコニーの養生が外れてバルコニー全体がお目見えしました防水工事が必要な部分は、外断熱のキューワンボードにウォーターガードを張っています
DSC_0095-min

▼それでは玄関より中に入ります~
DSC_0099-min

▼入ってすぐホール右側は和室になる部分です向かって奥はリビングダイニング部分です
DSC_0100-min

▼和室部分です
DSC_0103-min

▼リビングと和室には大きな窓がありとても沢山の光を取り入れるようになっています
DSC_0132-min

▼「まぐさ」工事が分かります「まぐさ」とは、窓や出入り口など開口部のすぐ上に取り付けられた横材のことです
DSC_0105-min

▼キッチン部分です
DSC_0107-min

▼吹き抜け部分を下からパシャリ
DSC_0110-min

▼浴室部分です
DSC_0111-min

▼浴室の様子ですピンクはお湯・青はお水の給排水ホースが見えます基礎コンクリートと土台も防蟻ウレタンフォームでしっかり塞がれています
DSC_0113-min

▼内部にも隙間が生じそうな部分にはきちんと防蟻発砲ウレタンフォームが施してあります
DSC_0125-min

▼屋根天井部分ですこの部分も完全に見えなくなる部分です
DSC_0126-min

それでは次回のリポートもお楽しみに(^^♪

福岡市南区五十川B 注文住宅建築現場リポート⑧

10月1日(月)晴れ福岡市南区五十川Bの現場です昨夜の台風24号の猛威に「現場は大丈夫だったかな~?」と思いながら運転現場足場は、養生ネットを束ねしっかり台風対策をとっていましたご近所さまは、心配されたことと思いますお陰様でご迷惑かけることなく無事でした

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり窓も入っていますそして、外断熱のキューワンボード張りが進んでいます
20181001 (1)-min

▼お天気がとてもいいので外断熱のキューワンボードはキラキラ雨の水滴残っていません
20181001 (2)-min

▼早速足場を上がりますバルコニーは、いつも以上にしっかり養生中です棟梁の西大工にお尋ねすると・・「バルコニーの下は、浴室・洗面脱衣室なのでしっかり養生しています」とのことです
20181001 (3)-min

20181001 (5)-min

▼外断熱のキューワンボードにカメラが反応して分かりづらいのですが、窓をパシャリ窓枠の回りもしっかり気密テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています

20181001 (4)-min

▼コーナーの耐力面材と外断熱のキューワンボード張りをパシャリ
20181001 (6)-min

▼玄関ドアも入りましたそれでは、中へ入ります
20181001 (7)-min

▼「こんにちは~お疲れ様です」上から音がしていますので、棟梁の西大工は2階で作業中です吹き抜けからの陽ざしが入り、まだ壁がないので1階全体がとても明るいです
20181001 (14)-min

20181001 (15)-min

20181001 (8)-min

▼天井を見上げると、現場監督古藤による中間検査前の金物チェックを発見すべての金物をチェックしています
20181001 (16)-min

20181001 (17)-min

▼続いて、2階へ廊下が分かるようになりました西大工は、バルコニーで作業中です
20181001 (9)-min

▼明るく開放的な吹き抜けです
20181001 (10)-min

20181001 (13)-min

▼西大工は、バルコニーの下地工事中です「雨が降り込んでなくて良かった」とのことこのバルコニーの養生を見て、あらためて西大工の現場を大切にされている職人気質に「おっ!」
20181001 (11)-min

20181001 (12)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市南区五十川B 注文住宅建築現場リポート⑦

9月14日(金)曇り福岡市南区五十川Bの現場です明日から3連休ですね幼稚園・保育園のお子さんは、運動会の方もいらっしゃるのでは?事務所近くの幼稚園では、「ピイッピイッ」と笛に合わせて練習していました我が子の成長を楽しんでくださいね

▼本日の現場です9月1日の上棟式から約2週間中から大きな笑い声がしています
20180914 (1)-min

▼笑い声に引き込まれ・・・現場監督古藤と棟梁の西大工と工事部の中村の3人が打ち合わせ中です
20180914 (2)-min

▼なにやら、頭を使っています
20180914 (3)-min

20180914 (4)-min

20180914 (5)-min

▼打ち合わせ中ですので、私は2階のリポートをさせていただきます途中までですが、耐力面材張りが進んでいます
20180914 (6)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180914 (7)-min

20180914 (9)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。金物検査で現場監督が全部しっかりチェックしていきます
20180914 (8)-min

▼続いて、足場を上がりますバルコニー側です
20180914 (10)-min

▼さらに、1番上まで上がり屋根をパシャリ片流れのガルバリウム鋼板です
20180914 (11)-min

▼緩やかな傾斜です
20180914 (12)-min

▼耐震性能の耐力面材をアップ耐震性能については「こちら」から詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてください
20180914 (13)-min

▼耐力面材張りをパシャリこの後外壁は、耐力面材→外断熱キューワンボード→通気胴縁→外壁サイディング張りと進んでいきます
20180914 (14)-min

▼この部分は耐力面材張りが途中ですがなかなかお目にかかれないのでパシャリ
20180914 (15)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

1 2 3