04福岡市南区 一覧

福岡県福岡市南区五十川C 注文住宅建築現場リポート⑨

2月22日(金)曇りこの季節になると、大工さんや職人さんとお子さまの進路の話に盛り上がります話していくうちに10年後が楽しみになりました福岡市南区五十川Cの現場です

▼本日の現場です外壁工事の真っ最中です
20190222 (1)-min

▼外壁は、スタイリッシュなブラックキューブモザイク
20190222 (3)-min

▼玄関は、ホワイトとブラックのツートンカラー&軒天は木目調モダンですそれでは、中に入ります
20190222 (2)-min

▼石膏ボード張りが進み、お部屋が分かるようになってきました
20190222 (4)-min

▼階段資材をパシャリ
20190222 (5)-min

▼洗面脱衣室周りは、防水加工した石膏ボードです浴室も進んでいます
20190222 (6)-min

▼浴室上部の24時間換気システムをパシャリ
20190222 (8)-min

▼キッチン側からリビングを
20190222 (7)-min

▼吹き抜けも分かるようになりました
20190222 (9)-min

▼続いて、2階へ廊下の腰壁が出来ました石膏ボード張りが進み、随分お部屋の形が分かるようになりました
20190222 (11)-min

▼廊下です
20190222 (10)-min

▼棟梁の山﨑大工は、子ども部屋の石膏ボード張りの真っ最中です「お疲れ様です~」造作デスクも付きました
20190222 (12)-min

▼バルコニーでは、外壁工事担当の石田さんが細かい部分を張っています「こんにちは~お疲れ様ですお久しぶりです」縦の木材は、通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるためのものです
20190222 (13)-min

▼そして外壁サイディングは、このように通気胴縁に金具で内側から固定釘が貫通することなく美しい仕上がりになります
20190222 (14)-min

▼細かい作業の部分ですので、かなり集中しています職人技が光ります
20190222 (15)-min

▼実際一か所一か所計測し、カットしていきますカットしてはバルコニーまで運ぶという地道な作業です
20190222 (16)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市南区M 注文住宅建築現場リポート ⑥

2月22日(金)曇りこの季節になると、大工さんや職人さんとお子さまの進路の話に盛り上がります話していくうちに10年後が楽しみになりました福岡市南区Mの現場です

▼本日の現場ですブルーシートで養生中ですが、本日は耐力面材張り中です
20190222 (1)-min

▼早速、足場を上がります緑色のシートは、アスファルトルーフィング!防水の役目があります250ミリ以上の巻き返し!長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりしますので、巻き返し250ミリ以上はとても大事です
20190222 (2)-min

▼それでは、中へ「こんにちは~お疲れ様です
20190222 (3)-min

▼続いて2階へ
20190222 (4)-min

▼分かりづらいのですが、2か所の吹き抜けがあります
20190222 (5)-min

▼棟梁の松浦大工は、あんしん耐力面材張りの真っ最中です耐震構造につては「こちらから」詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてください
20190222 (6)-min

▼カットした後、張っていきます
20190222 (7)-min

20190222 (8)-min

▼張ったばっかりをパシャリ
20190222 (9)-min

▼耐力面材をアップ
20190222 (10)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市南区K 注文住宅建築現場リポート⑥

2月22日(金)曇りこの季節になると、大工さんや職人さんとお子さまの進路の話に盛り上がります話していくうちに10年後が楽しみになりました福岡市南区Kの現場です

▼本日の現場です耐力面材張り➝外断熱のキューワンボードへと進んでいます「バン!バン!」と音が響いています
20190222 (1)-min

▼早速、足場を一番上まで上がりますガルバリウム鋼板屋根の施工途中です
20190222 (2)-min

▼キラキラ光る外断熱のキューワンボードをパシャリ外断熱のキューワンボードについては、「こちらから」より詳しくご覧いただけます
20190222 (3)-min

▼それでは、中に入ります「こんにちは~お疲れ様です」棟梁の渡邊大工は、2階です窓も入りました
20190222 (4)-min

▼「おっ!とても綺麗に整理整頓されています」渡邊大工の職人気質が伝わってきます
20190222 (5)-min

▼続いて、2階へ▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な部分。現在ではプレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190222 (6)-min

▼渡邊大工は、まぐさ工事中です「まぐさ」とは、窓や出入り口など開口部のすぐ上に取り付けられた横材のことです
20190222 (7)-min

▼まぐさ用横材柱を造作しています
20190222 (8)-min

20190222 (9)-min

▼とても細かい作業ですが、あっという間に仕上げていきます
20190222 (10)-min

20190222 (11)-min

▼造作した後は、バルコニーのまぐさ工事に入ります
20190222 (12)-min

20190222 (13)-min

▼こちらは、直接造作していますここに横材を取り付けていきます
20190222 (14)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

1 2 3 4 112