福岡市城南区友丘01 リポート②

ここは福岡市城南区友丘。

6月4日の地鎮祭以来、初めてのリポートです。

▼あいにくの雨ですが、配筋が終わり今日は「土間コン」の日と聞き、私は現場に出向きました。

199-01.jpg

▼現場に到着。

199-02.jpg

▼鉄筋がニョキニョキと突き出しているのが分かりますねぇ。これを「配筋」と言うんだよ。現場には3人の男性の姿が…

199-03.jpg

▼給排水工事の安達さんです。最近、安達さんはブログ最多出場かも

199-04.jpg

▼田之上現場監督と打ち合わせ。

199-05.jpg

▼コンクリートを打つ前に行っておくべき配管工事が色々とあるんだなぁ!

199-06.jpg

▼ところで…見慣れぬお方が1人黙々と仕事をしておるんじゃが…

199-07.jpg

▼おはようございます。あなたはどなた?何をしているのですか?

199-08.jpg

▼私は田中土木の田中元治(もとはる)です。鉄筋の下に敷くスペーサーを磨いています。

199-09.jpg

何のことだか私には「?」です。そこで田之上現場監督が説明をしてくれました。

◎コンクリートを流した時に、鉄筋が沈んでしまったら意味がない。

◎スペーサーはコンクリートと鉄筋の空きを確保するための部材です。

▼この2点の画像を見ると田之上現場監督の話す意味が分かるよ

立方体に近い塊(スペーサー)の上に鉄筋を載せることで、この上からコンクリートを流し込んでも、今あるコンクリートの地面まで鉄筋が沈むことがない。

つまり強度を増すための鉄筋が、その力を保持できるということ…ですね?

199-10.jpg

199-11.jpg

その塊、つまりスペ-サーを今ここで作るの?

答えは「イエス

コンクリートを打つ時の残りを活用してスペーサーを手作りしているんです。エコでしょ

▼これが田中さんお手製のスペーサー。

199-12.jpg

▼ちなみに市販のスペーサーはこれ。樹脂製です。

199-13.jpg

▼今日は午後から土間コンなので、その前にこうしてスペーサー用の型枠を準備します。

199-14.jpg

199-15.jpg

199-16.jpg

▼型枠の設置完了。

199-17.jpg

199-18.jpg

▼基礎屋さんと呼ばれる田中土木の田中さん。真正面からのアップです長時間、仕事の邪魔をしてしまいましたが、これからもよろしくお願いします

199-19.jpg

▼男達はそれぞれの持ち場に去って行きました。私も静かに立ち去ったのであった…

199-20.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください