福岡市城南区七隈01 リポート⑦ ~上棟式2~

catです。

福岡市城南区七隈の上棟の様子をお伝えしましたが、

今日は少し角度を変えて、お見せしますねsign01

▼今回のクレーンはいつもと違いますね。

121222nanakuma1.jpg

121222nanakuma1-2-3.jpg

▼オペレーターさんがcatに「お久しぶりですsign01」と声をかけて

くれました。

catも覚えてるよnote

昨年福岡市城南区友丘で上棟した時の平田さんですhappy01

121222nanakuma1-2-4.jpg

▼あの時もキビキビとしていましたが、

今回も相変わらず働き者sign01って感じwink

121222nanakuma1-3.jpg

▼さてcatの注目グッズは、泊好樹棟梁が手にしている、えび茶色の長い鉄の棒。

福岡工務店の上棟ではあまり見かけないのですが、

糟屋郡篠栗町の上棟の時に、初めて目にして、それこそeyeが「…」になったよ。

スグレモノですflair

121222nanakuma2.jpg

▼柱はあらかじめあけられた穴にグイグイと差し込んでいきます。

その時のお役立ちが、この“さすまた”もどき。

121222nanakuma2-2.jpg

▼ホームページで大工さんのブログをあれこれ調べたら、

これもやはり≪さすまた≫というようです。

写真のように柱に当て、下に引っ張ると柱が穴にグッと

入ります。

121222nanakuma2-3.jpg

▼使い方のアップhappy02

121222nanakuma2-4.jpg

121222nanakuma2-5.jpg

▼さらに「すごいsign03」と思ったのは、次の使用方法。

重い梁を上げるのはとっても大変。

まだクレーンなどの動力が使えなかったころ、

このさすまたは上棟の際の必需品だったんだってnote

さすまたの“針”部分を梁に少し当て、

ヒョイっと持ち上げてやるのですup

121222nanakuma2-6.jpg

121222nanakuma2-7.jpg

cuteさすまたは「刺股」と書き、江戸時代の捕具。

テレビ時代劇の捕物帳で、北町奉行所や南町奉行所の

役人が「御用だ!御用だ!!」と叫びながら、

刺股で悪い人を動けなくする……あれがおおもとsign01

▼さて、地上ではみることができない、高い場所での大工仕事を

少しお見せしましょうbleah

屋根の下地になる合板は規格サイズです。

だからカットすべき部分も出てきます。

そこは墨で印をつけ、電動のこで切り取っていくのです。

121222nanakuma3.jpg

121222nanakuma3-2.jpg

121222nanakuma3-3.jpg

121222nanakuma3-4.jpg

121222nanakuma3-5.jpg

121222nanakuma3-6.jpg

▼左上のように、規格サイズでは大き過ぎる個所は…。

121222nanakuma4.jpg

▼1枚ものを、正確な寸法にあらかじめカットし、それを張りつけます。

121222nanakuma4-2.jpg

▼こうして屋根の下地張りが完了しましたnote

121222nanakuma5.jpg

▼いよいよ屋根の断熱材設置ですが、その前に…

土埼大工が掃除をしていますwink

板面の木屑などを取り除き、きれいにして初めて、断熱材を

張ることができるのですheart02

121222nanakuma5-2.jpg

▼断熱材は、上棟の昼食会の後に行われましたsign01

121222nanakuma5-3.jpg

▼この日は、朝雨が降り、まだ外が暗いうちから、

施主一家は来てくださいました。

121222nanakuma6.jpg

121222nanakuma6-2.jpg

121222nanakuma6-3.jpg

▼ご主人のお母さまも、遠方から駆けつけてくれました。

121222nanakuma6-4.jpg

▼大好きなおばあちゃんと一緒にheart02

121222nanakuma6-5.jpg

▼昼食会に臨む。

121222nanakuma6-6.jpg

▼そして大好きなニンジンもパクパクいただき、

大満足のここちゃんでしたheart04

121222nanakuma6-7.jpg

次回の現場リポートをお楽しみにしてくださいsign01

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください