福岡市城南区長尾01 リポート③ ~上棟式~

catです。

11月16日(土)、福岡市城南区長尾で上棟の日を迎えましたsign01

▼午前7時15分。

cat、今回も大工さんに出遅れるsad

勢ぞろいしておりました。

131116nagao-joutou1.jpg

▼クレーン車の到着をカメラに収めることはできましたwink

131116nagao-joutou1-2.jpg

131116nagao-joutou1-3.jpg

131116nagao-joutou1-4.jpg

▼材料を所定の位置に移動させ、工事の始まりに備えます。

131116nagao-joutou1-5.jpg

▼柱をあらかじめ建てておきます。

131116nagao-joutou1-6.jpg

▼施主が到着しました。

棟梁を務める田口大工とともに、四方をお清めします。

131116nagao-joutou2.jpg

131116nagao-joutou2-2.jpg

131116nagao-joutou2-3.jpg

▼全員で乾杯。本日の工事の安全を祈ります。

131116nagao-joutou2-4.jpg

▼大工さん達は上棟に向けての仕事にかかります。

阿久津社長が施主ご夫妻に構造ついての説明を行っています。

131116nagao-joutou2-5.jpg

131116nagao-joutou2-6.jpg

catは大工さん達の仕事ぶりをカメラに収めるべく、

足場に上がってスタンバイsign01

131116nagao-joutou2-7.jpg

▼梁の両端にいるのは、泊親子のコンビ。

泊親方が木製ハンマーを大きく振り下ろすpunch

泊好樹大工は柱への入り込みを調整するかのように、軽く打ち込みます。

131116nagao-joutou3.jpg

▼こちらは好樹大工と田口大工。

下で柱を支えているのは土﨑親方。

131116nagao-joutou3-2.jpg

▼好樹大工は梁を持ち上げます。

ヒョイッとやっているように見てますが、相当な力が必要です。

131116nagao-joutou3-3.jpg

▼下で助けるのは石橋大工。

131116nagao-joutou3-3-2.jpg

▼あっという間にここまできました。

131116nagao-joutou3-4.jpg

▼金物を取りつけます。

131116nagao-joutou3-5.jpg

▼下では「建て入れ直し」。

131116nagao-joutou3-6.jpg

▼赤いジャンパーの高田大工が柱に括りつけた長い棒を見ています。

131116nagao-joutou3-6-2.jpg

▼長い棒は下げ振りと言って、柱が床に対して

垂直に立っているかを見るための道具です。

「真直ぐだ」と下げ振りのおもりが示したところで、

柱に斜めにかけていた仮筋交いに釘打ちをして固定します。

131116nagao-joutou3-6-3.jpg

▼下げ振りを持ってあちこちに移動し、垂直かどうかを測っていきます。

上棟の時に使う、この長い下げ振りは、風を避けるために棒の中に

おもりが入っているため、「防風下げ振り」と言うんだってwink

131116nagao-joutou3-6-4.jpg

▼こちらは金具付けの梁を下から支えているススム大工。

131116nagao-joutou3-7.jpg

▼火打ち梁も取り付けられました。

131116nagao-joutou3-8.jpg

▼15分程この場から離れたcat

戻ってみると、作業スペースの天井であり、ロフトの床になる合板が

取り付けられていましたbleah

131116nagao-joutou3-9.jpg

catの離席は、休憩用の飲み物と菓子を買いに行ってたからです。

大工さん達は約30分の休憩を取り、仕事再開sign01午前10時です。

131116nagao-joutou4.jpg

▼高田大工がハンマーを降ろそうとしているのは、母屋の最も高い位置。

だからこの時点で「上棟なった」と言えます。

131116nagao-joutou4-2.jpg

▼大きくて太くてきれいな梁が3本見えます。

ここは梁を見せる設計の、リビングルーム部分になりますnote

131116nagao-joutou4-3.jpg

▼リビングは小屋束も母屋も「化粧」と呼ばれるきれいな木材を使用しますnote

131116nagao-joutou4-4.jpg

▼仮筋交いを入れて梁と柱を水平・垂直に保ちます。

131116nagao-joutou4-5.jpg

▼運ばれてきたのは、垂木。

131116nagao-joutou4-7.jpg

▼垂木を取り付けます。

131116nagao-joutou4-8.jpg

▼反対側にも垂木を付けます。

131116nagao-joutou4-8-2.jpg

▼タルキック(sign01)という商品名のビスで垂木を固定します。

131116nagao-joutou4-8-3.jpg

▼そして…sign01久しぶりの登場、野地板ですhappy01

131116nagao-joutou5-1.jpg

▼垂木の上に設置していきます。

131116nagao-joutou5-2.jpg

▼1階のリビングからは、天井がこんな風に見える…と言うわけです。

そうそう、このお宅は平屋建てですhappy02

131116nagao-joutou5-3.jpg

▼みんなで野地板を張っていきます。

131116nagao-joutou5-4.jpg

▼反対側は天井を見せないデザインなので、野地板は張りません。

131116nagao-joutou5-6.jpg

▼こうして野地板張りが完了sign01昼食の時間となりましたriceball

131116nagao-joutou5-7.jpg

▼ふわぁ~、きれいだにゃ。catはこの天井が大好きです

131116nagao-joutou5-7-2.jpg

▼正午少し過ぎ、施主のおもてなしの昼食会が行われましたhappy01

棟梁の紹介wink

131116nagao-joutou6.jpg

▼施主のご挨拶。

131116nagao-joutou6-2.jpg

▼食事後は、現場監督が施主の様々な質問に答えます。

131116nagao-joutou6-3.jpg

▼1時半、午後の仕事が始まりましたpunch

131116nagao-joutou7.jpg

▼いよいよ屋根に断熱材を張っていく作業です。

131116nagao-joutou7-2.jpg

▼片面完成sign01

131116nagao-joutou7-3.jpg

▼反対面もsign01

131116nagao-joutou7-4.jpg

▼端っこはカットhairsalon

131116nagao-joutou7-4-2.jpg

▼断熱材と断熱材のつなぎめには、専用の気密テープを貼っていきます。

131116nagao-joutou7-4-3.jpg

▼この気密テープをすき間なくきれいに仕上げられるかどうかが、

断熱性能に影響を与えます。

131116nagao-joutou7-5.jpg

131116nagao-joutou7-6.jpg

▼気密テープを貼り終わった断熱材の上には、通気胴縁を載せます。

131116nagao-joutou7-7.jpg

▼これが通気胴縁。

131116nagao-joutou7-8.jpg

▼専用のビスで留めます。

胴縁の上に合板を張り、さらにアスファルトルーフィングを施して、

本日の作業は完了です。

131116nagao-joutou7-9.jpg

▼向かって右側は梁見せをしないスペース。

左側が梁見せのリビングルーム部分。ネッ、野地板がきれいでしょうheart02

しかも天井が高く、開放感にあふれていますsign01

この家が完成するまで、毎週リポートしていきますねhappy01

本日は、上棟おめでとうございました。

131116nagao-joutou8.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください