福岡市城南区南片江02 注文住宅建築現場リポート⑧

2月9日(木)曇り今朝は、遠くの山が薄っすら雪化粧冷たい風が身に沁みますが、雨や雪が降ってこないことを祈りながらのリーポートとなりました福岡市城南区南片江の現場です

▼本日の現場です屋根工事が終わり、棟梁の好樹大工による木工事がスタートしています
20170209 (1)

20170209 (2)

▼「こんにちは!お疲れ様です~」リビングの窓枠下地の真っ最中です
20170209 (3)

20170209 (4)

20170209 (5)

▼1階全体ですブルーシートで覆われています風は強いのですが、しっかり養生しているので寒さはあまり感じません
20170209 (6)

▼2階へ上がり、階段部分をパシャ
20170209 (7)

▼南側バルコニーです
20170209 (8)

▼東側バルコニーです
20170209 (9)

▼「おっ」斜めの金物は、「鋼製火打梁」「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目がありますこのような部分は、工事が進むと見えなくなりますで撮影詳しくは、2016年2月号の福岡工務店だよりをご覧確認ください~
20170209 (10)

20170209 (12)

▼吹き抜け部分です
20170209 (11)

▼耐力面材が張られている部分(リビング吹き抜け東側)屋根が付く場所は、早く耐力面材を張るんですよ
20170209 (13)

▼子供部屋西側にも屋根が付きますので、耐力面材が張られています
20170209 (14)

▼斜めに見える木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています詳しくは、2016年10月号の福岡工務店だよりの「クイズ欠陥住宅」をご覧くださいませ工務店だよりを希望される方は、弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ
20170209 (16)

▼筋交いプレートですこちらも、2016年7月号の「クイズ欠陥住宅~金物編~」でも掲載しています地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、現場監督がしっかり検査を行います。詳しくは、福岡工務店だよりをご覧くださいね
20170209 (15)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください