福岡県福岡市城南区05 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは。リポート担当の有村です。3月4日(木)晴れ。本日は、地鎮祭後、基礎工事が始まっている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。基礎工事が配筋まで進んでいます。

▼こちらは深基礎となっており、基礎の高さが高くなっているのがわかりますね。

▼配筋部分です。すでに配筋が組まれているのがわかります。

▼こちらの黄色いプロペラのようなものは、レベルポインターと呼ばれるのもので、ここまでコンクリートを流し込むという目印となっています。

▼こちらのグレーのシートはターミダンシートと呼ばれるシートです。防湿・防蟻の大事な役割を果たし、人体への安全性が高く、環境にも優しいという優れものです。

▼この配筋の下に置かれているブロックはサイコロスペーサーといい、コンクリートのかぶりを確保するために設置されます。

▼こちらの白いボードは、オプティフォームと呼ばれる基礎断熱材です。基礎から断熱をすることで、高気密・高断熱の住宅を実現させることが出来ます。

このあと配筋検査が行われ、上棟式に向けて作業が進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください