福岡市城南区04 注文住宅現場リポート②

こんにちは。リポート担当の有村です。6月10日(水)晴れ。本日は、地鎮祭後に行われている、基礎工事の様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。新人さんたちが増えにぎやかですね。

▼型枠の内側に取り付けられているのは、オプティフォームと呼ばれる基礎断熱材です。
基礎から断熱することで、高気密・高断熱の高性能住宅を実現しています。

▼配筋の下に敷かれている四角いブロックはサイコロスペーサーと呼ばれるものです。
これを敷くことでコンクリートのかぶりを確保しています。

▼下に敷かれているグレーのシートはターミダンシートと呼ばれるシートです。
防湿・防蟻の大事な役割を果たし、人体への安全性が高く、環境にも優しいという優れものです。

▼設備業者の生野さんが配管工事を行っていました。
手でかき分け、丁寧に1本1本取り付けていきます。

▼基礎職人の田中さんがローティングレーザーを使い、水平方向の位置を確認しています。

▼本日は、新人さんたちも研修で配筋検査を行っていました。
配筋の組み方や寸法が適切に行われているか確認していきます。

▼是正箇所があれば、テープで印をつけ是正を行っていきます。
多くの人の目によって確認するため安心です。

この後、配筋の是正が行われ、生コン打設と上棟に向けて作業が進んでいきます。
それでは次回のリポートをお楽しみに。

◀次の記事へ 前の記事へ▶

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください