福岡市城南区03 注文住宅建築現場リポート⑨

こんにちは。11月26日(火)晴れ。本日は気持ちのいい天気の中、棟梁永留大工の現場に来ました。
足場で見えにくいですが、外観も内観もガラッと変化がありますので、ぜひご覧ください。

それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。キューワンボードが貼られて銀色だった外観も、サイディングが貼り終わり外壁検査を待つのみとなっております。

▼足場をくぐり近づいてみると、お洒落なサイディングが見えてきました。
雨戸シャッターも取り付けが完了しています。

▼サイディングの継ぎ目にはコーキング作業が施されています。

▼通気口にはカバーが取り付けられており、サッシには青い養生テープがすっかりと貼られていました。

▼1階部分です。壁には石膏ボードが貼られており、天井も作業が進んでいます。

▼床下収納が設置されています。厳重に養生されています。

▼ユニットバスの取り付けも完了しているようですね。

▼2階部分です。壁と天井に石膏ボードは貼られています。

▼作業にひと段落付き、掃除を始めています。
こまめに掃除をされていて、現場はいつも綺麗です。

▼窓の笠木が取り付けられていました。こちらも綺麗に養生されています。

▼小屋裏です。こちらには、永留大工の造作棚が取り付けられています。

▼トイレ部分です。配管も完了しています。
写真では少しわかりにくいですが、ここの石膏ボードの色が他の黄色と違い緑になっています。
これは防水性能を高めたものを使用しており、主に水回りに使われます。

▼バルコニーです。サイディングが貼られたことにより、より完成が想像つきますね。
景色もよさそうで、完成が楽しみです。

この後、内部では石膏ボード張りが続き、階段取り付けと進んでいきます。外部は、外壁検査後に、いよいよ足場が外れて外観を見ることが出来ます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください