福岡市城南区03 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。11月9日(土)晴れ。福岡市城南区03の現場です。最近風邪やインフルエンザが流行ってきていますね。皆さんもしっかり予防して体調を崩さないように気を付けてくださいね。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼外壁はサイディング張りが進んでいます。

▼外装職人の坂本さんがサイディング材をカットしていきます。
通気口部分にもピッタリはまるように加工され職人の技を感じます。

▼1階部分です。

▼壁や天井の下地が完成しています。
この下地の上から石膏ボードを貼っていき壁や天井を作っていきます。
省令準化仕様となっているため、通常より野縁のピッチが狭く、天井裏まで石膏ボードが貼りあがっています。

▼電気工事も進んでおり、24時間換気システムの設置も進んでいます。
こちらも省令準化仕様の黒いダクトになっており、燃えにくい素材が使われています。

▼棟梁の永留大工が床材張りをされています。

▼寸法通りに床材をカットしていき、微調整していきます。

▼お見事!ピッタリはまっています。
丁寧な仕事ぶりにはいつも感心させられます。

▼2階部分も壁と天井の下地が完成しています。床材の搬入も完了しているようです。

この後、内部では引き続き床材張りが進み、外部ではサイディング張り、コーキング作業と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください