福岡市城南区03 注文住宅建築現場リポート⑥

こんにちは。10月17日(木)曇り。福岡市城南区03の現場です。今にも雨が降り出しそうなお天気で、少し肌寒いですが、順調に作業が進んでいます。
先日の上棟からの変化をリポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。すでに黄色の耐力面材が貼られているのが分かりますね。

▼足場を登ってみると、屋根の取り付けが完了していました。

▼それでは中に入っていきます。中もすでに作業が進んでいるようです。

▼土台の上に合板を敷き、作業台にされています。まさに大工職人の知恵ですね。

▼このクロスされているのは、筋交いといいます。
筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。

▼柱には場所に応じた留め金が取り付けられていました。いろいろな種類がありますね。

▼棟梁永留大工がサッシを取り付ける為に面材を切っていました。

▼取り付けるサッシはこちらです。高窓で採光用につけられます。

▼2階に上がってみると、1階と同じように作業台が設置されていました。

▼こちらは吹き抜け部分ですが、作業しやすい様に合板が敷かれています。

▼2階はサッシの取り付けが完了していました。光が入ると気持ちいですね。

中間検査を終え、気密検査に向けて進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください