福岡市城南区03 注文住宅建築現場リポート⑤~祝・上棟式 2日目~

こんにちは。10月5日(土)晴れ。福岡市城南区03の現場です。昨日に引き続き棟上げ作業の2日目です。この日も見事な晴天で、絶好の上棟日和となりました。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。本日は餅撒きを行います。地域の人々に事前に告知をしていたので、多くの方がお越しになるでしょう。

▼施主ご家族が現地に到着されました。棟梁の永留大工がご挨拶させていただきました。

▼まずは、工事が無事に行われるよう、塩、お米、お神酒で清める「四方固め」を行います。
お孫さんと愛犬のロクちゃんも一緒に行いました。

▼工事を始める前に、施主ご家族のご繁栄と工事の安全を祈念して乾杯です。

▼乾杯後、早速工事スタートです。本日は、2階の下屋部分では耐力面材「あんしん」を貼り始めました。
まず大きさをミリ単位で測りカットしていきます。

▼柱に乗り耐力面材を打ち付けていきます。さすが大工職人、バランス感覚がすごいです。

▼その頃大屋根では、垂木と呼ばれる木材をクレーンで上げていました。

▼垂木はこのへこみにはめ込むように取り付けていきます。

▼取り付け終わると、屋根の形が分かってきましたね。

▼2階下屋部分でも同じように垂木の取り付けが始まりました。耐力面材も張られ終わっていますね。

▼柱の隙間には現場監督の中村がウレタンフォームを吹き込み、隙間をなくします。細かいですが、この積み重ねが高気密につながっています。

▼その後、合板を貼っていきます。こちらもクレーンを使って持ち上げます。

▼2階下屋部分です。垂木が打ち終わっています。合板を貼り始めます。

▼大屋根も同じように合板張りが行われていました。

▼ミリ単位での調整となる為、細かくチェックしていきます。

▼その後、キューワンボードを貼っていきます。表面がアルミに包まれており、高い遮熱効果があります。

 

▼わずかな隙間にもウレタンフォームを吹きかけ隙間をなくしていきます。

▼ここで昼食会になります。お施主ご家族、大工職人、スタッフでお弁当を頂きました。

▼昼食も終え、設計士の朴と現場監督小屋町が、現場をご案内させていただきました。

▼その頃、お孫さん達はクレーンに乗ったり、一番高い足場まで登ったりと大冒険されてました。

▼設計士の朴とも仲良くなったようです。

▼休憩後は、キューワンボードの上に通気層を確保する「通気胴縁」を取り付けます。

▼通気胴縁を取り付けた後、その上に野地板を設置します。

▼大屋根も同じように打ち付けていきます。

▼そして最後に防水処理のルーフィングを貼っていきます。

これで棟上げ工事が完了しました。
今日は引き続いて餅撒きの準備を行います。

▼まずは、ここまで無事に工事が進んだことへの感謝と、完成を祈願する上棟式が行われました。

▼餅撒きに先駆け、お孫さん達が屋根に上っていました。あまり怖がらずに楽しそうにされていました。

▼お施主様よりご挨拶があり、まずは大きい四隅餅をお孫様がキャッチされていました。

▼そしていよいよ餅撒きの開始です。大勢の方がお集まりくださいました。

▼最後にお施主様ご家族と大工職人、スタッフで記念撮影です。みんないい表情ですね。

この度の上棟式、誠におめでとうございます。これからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください