福岡市城南区02 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。1月20日(月)晴れ。本日は現場にたくさんの職人さんが作業をしていました。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼キューワンボードの上に通気層を設ける為に通気胴縁が取り付けられています。この上からサイディング材を貼っていきます。

▼外装職人の坂本さん達が作業を行っていました。
採寸を行い、その場で丁寧にカットしていきます。

▼カットしたサイディング材を金具で留めていきます。
このようにはめ込んでいくように取り付けるとこで、釘の後が表面につかずきれいに仕上がります。

▼1階部分です。

▼1階部分の下地作りが完了していました。
省令準耐火仕様となっており、天井の下地のピッチが標準よりも短くなっています。
また天井裏部分に石膏ボードが貼られているため、耐火性能が上がっています。

▼こちらの換気ダクトも省令準耐火仕様となっており燃えにくい素材が使われています。
通常白色ですが黒色となっています。

▼電気工事の松尾さんが配線作業を行っていました。

▼2階部分です。

▼棟梁丸川大工が壁の下地作りを行っていました。
長さを測り、丁寧にカットしていきます。

▼カットした木材をあらかじめ開けておいたくぼみはめ込み、ガンで打ち込んでいきます。
綺麗に仕上がっていますね。

この後、外部ではサイディング貼りが引き続き行われ、内部では下地作りが進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください