福岡市城南区02 注文住宅建築現場リポート③

こんにちは。12月4日(水)晴れ。本日は上棟前の最後の作業、土台敷きをリポートしていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきます。

▼本日の現場です。上棟に向けて土台敷きが行われていました。

▼土台敷きに使う材料の搬入が完了していました。

▼排水管も取り付けが完了しており、ウレタンが充填されています。

▼この白いボードは、オプティフォームと呼ばれる基礎断熱材です。
弊社の特徴である高気密・高断熱を実現するために欠かせないものとなっています。

▼基礎の上に敷く木材を土台といい、あらかじめ決められている位置に運んでいきます。
担当現場監督の小屋町が重たい木材を軽々運んでいきます。

▼運んだ土台にアンカーを通す位置を測り、目印を付けていきます。

▼この丸の部分に穴を開けてアンカーに通していきます。

▼間違いがないように図面を確認しながら作業を進めていきます。

この後、土台敷きが引き続き行われ、いよいよ上棟式を迎えます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください