福岡市東区松崎01 リポート⑥ ~上棟式~

今日は9月24日(土)の福岡市東区松崎の模様を詳しくお伝えしますね

▼朝9時少し過ぎ…施主と次男のI君はすでに到着。クレーンのオペレーター野口さんと談笑中。

▼1階はほぼ完了しています。

▼材木を積んだトラックがやってきました。田辺木材です。

▼2人はちょっと現場に近づいて大工さんの様子を見学。

▼クレーンのアームが天に向かってどこまでも伸びていきそうです。

▼おや、もう1台トラックがやってきましたよ。

▼コウノ運輸が積んでいるのは母屋と小屋用の木材。

シールに書いていたから私にも分かるんだなぁ

ちなみに「母屋」と書いて「もや」と呼ぶ。

これは福岡工務店の新進気鋭の設計の野口先生に教えてもらったよ

▼これから2階の床を張っていくところです。

▼施主は大変熱心に作業を見ていましたが、とうとう足場で撮影を始めました。私の出番がなくなっちゃう

▼でもって次男のボクはちょっぴり退屈。「虫を探してくるね。」

▼大工さん達が床用の板を運んでいます。

▼地表では…野口さんはただクレーンを操縦するだけではありません。資材を運んできた田辺木材のスタッフと一緒に、吊り上げる前の打ち合わせを行っています。

▼操舵室に戻り木材を吊り上げます。

▼空っぽになったアームの先の吊り上げ用のワイヤーがスルスルと降りてきます。

▼田辺木材のスタッフが待ち受け木材に渡した紐を固定します。

▼数回繰り返した後、田辺木材のトラックが去って行きました。

▼待機していたコウノ運輸が入れ替わりに所定の位置に。

▼それを眺める2人。パパの膝が格好の椅子だね。

▼コウノ運輸の荷物が終了したと思ったらまた新たなトラック登場。実はこれも田辺木材の車です。

▼ここに見えるトラックはこれまた別の会社のもの。

▼天神運輸です。(多分)2階の床材だと私は思うな。

左の階段から大工さん達が降りてきているの見えるかな?

▼今からしばしの休憩。

▼ボクがお煎餅の差し入れを持って大工のお兄さん(土埼ジュニア)に近づきました。なんてイイ子なんだろう!実は私も先程あめ玉をいただいたのだ

▼たっぷり水分補給を行った大工さん達が現場に戻っていきます。

▼第2弾の荷物を運んできた田辺木材の田辺部長はお手伝いのヤル気満々。じっと見上げているんです。

▼私は大工さんにグッと近づくため足場を使い2階に上がりました。イヤイヤ、大迫力!

▼木材も間近で見るとこれまた大迫力!

▼この木材を鉄製のような器具でグイッと挟み込み…

▼クレーンを使ってちょっと吊りあげます。行っているのは石橋大工だよ

▼こちらでは高田大工と田辺部長が2人がかりで持ち上げています。

▼上で受け取るのは泊ジュニア

▼ねじを入れ込む前に木製のハンマーでトントンと打ちつけます。木材は凸凹に加工されているので凹に入れるというわけ。

▼只今の時間、午前11時少し。秋のうろこ雲が姿を消し、雲ひとつないコバルトブルーに…

▼まるでエーゲ海を思わせる青さ(行ったことないけど)

▼1階では田之上現場監督がお掃除中。もうすぐ始まる上棟式の場所を作っています

▼お向かいの空き地から眺めているのはボク(I君)、ママ、ママのママ。

▼大工さんが2人で木材を運んでいます。実際に2階と同じ高さで撮影すると、大工さんたちがとても効率よく分業と共同作業を繰り返していることが分かります

▼同じ頃、下を見下ろすとまた新たなトラックが…

この家は「外張り断熱工法」のため屋根に断熱材を敷き詰めます。トラックに積まれているのはその断熱材です

▼屋根のカーブの下地になる木材が段々畑みたいに設置されていきます。これが母屋ですね。上棟が近づいてきました。

▼アップで撮りました切り込みが見えるかな?この切り込みに下の写真のように垂直に細い木をはめ込んでいきます。

▼まずは金槌で軽くトントントン!凸凹の隙間がないようにします。

▼電動ドリルを使ってギュウィ~ンと締めていきます。さあこれで垂木が載ったよ!

▼そして…上棟なったぁ

▼足場のパイプに大工道具を吊るして現場を降ります。

▼1階で上棟を祝う食事会が始まりました。

施主がご挨拶。

さあ、これからも安全に気をつけて素敵な家を完成させましょう

▼下から見た上棟直後の松崎の現場です

私これからも楽しくリポートしますね

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください