福岡市東区松崎01 リポート⑤

今日は9月14日(水)。福岡市東区松崎の建築現場の模様を、9月3日、9月7日の状況と合わせてお伝えしますね。

変化していく様子がよく分かるよ

▼この2点は9月3日。「遣り方が出されて」いました。

▼木材と杭によって建物がどこにできるかが分かる…それが遣り方です。

▼この2点は9月7日。捨てコンと呼ばれるコンクリートが敷き込まれていました。

▼家の土台となるコンクリートが固まる時にガッチリと支える「型枠」が用意されています。

▼ここからが、本日9月14日(水)です。

▼もうコンクリート打設は完了。

▼職人さんがバールを使って…

▼型枠を締めていた金物を取り…

▼型枠を外します。

▼もう1人の職人さんが外した型枠を持上げ…

▼建築地の外に運びます。

▼遣り方を外しているのは田之上現場監督。

▼おっ、今日は設計家さんの野口さんも現場に…

▼間知積の擁壁を私はヒョイヒョイと登りました

ウソだよ~ん。エッチラ、オッチラでした

▼かなり高いよ。この写真、縦にすべきか横が見やすいのか…みなさん、見やすい位置まで首を傾けてください。

▼見下ろすと間取りが分かります

右端手前が玄関、その横にトイレ、洗面所、浴室と続き、その奥がキッチン。

キッチンに接しているのが(つまりこの画像の最も奥まったところ)がダイニング。

その右隣(中央部分)がリビング。そのまた隣(玄関の向かい)が和室です

えっ、何で和室までがこのコンクリート状態で分かるのかって

野口先生に教えてもらったのだ

さあ、いよいよ9月27日(土)は上棟式です

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください