福岡市東区香椎01 注文住宅建築現場リポート⑥

9月19日(火)曇り時々晴れ台風が日本縦断した3連休もあっという間に終わりましたね秋の涼しさはどこへやら・・汗ばみます福岡市東区香椎の現場です

▼本日の現場です養生ネットは束ねられ、台風対策が取られていますなので、ネットの隙間から外断熱のキューワンボードを張っているのがよく分かります窓も入っていますね

▼前回雨のためリポート出来なかった外回りよりリポート縦の木材は通気胴縁です通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工されます

▼続いて足場を上がります福岡工務店だより60号「クイズ欠陥住宅」に掲載している=ダクトパイプ編=を発見外壁サイディング工事が入ると見れなくなる貴重な部分です福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。福岡工務店では、現場監督が特にシビアにチェックしていきます

▼更に上がります屋根は、ガルバリウム鋼板なだらかな傾斜の屋根です

▼北側玄関上部の様子です外断熱のキューワンボードの上に防水シートのウォーターガードを張っています「おやっ」張っているところと張ってないところがあります。みなさん、何故だかご存じでしょうか?張っているところは、壁面の下が地面ではなくバルコニーや屋根のため防水工法をとるためにウォーターガードを張っています張っていないところは、壁面が地面に接しているんですよ

▼窓枠周りは、しっかり気密テープで密閉していますテープの張り方にも緻密さが光っています下⇒両横⇒上の順番にすることで、通気層に水が入ってきても下に流れるようになっています

▼早速中へ電気工事担当の松尾さんが、電気配線工事の真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です

▼換気用ダクトが付いています

▼それでは、2階へ電気配線と24時間換気システム用ダクト(白色)が付きました

▼本日は、土﨑パパ大工が床材張りの真っ最中です「こんにちは~お疲れ様です

▼フローリングをカットダクトの部分ですので、細かい作業になります

▼1階へ降ります松尾さんの配線工事は続いています「それでは、失礼しますありがとうございました

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください