福岡市東区08 注文住宅建築現場リポート③

こんにちは。12月18日(水)晴れ。本日は土台敷きの様子を見ていきたいと思います。
最近少し暖かい日が続いていましたが、明日からまた寒くなるということで、皆さん体調管理を怠らないように気を付けてくださいね。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。棟梁土崎大工による土台敷きが終わっています。

▼下が赤土となっており汚れやすいのですが、現場監督がしっかり養生しているため汚れにくくなっています。

▼木材にはこのようにひらがなと数字が記されており、この表記に沿って組み立てていきます。

▼基礎断熱材がしっかりとコーキングされています。

▼土台の下には基礎パッキンが挟み込まれています。
基礎パッキンを挟み込むことによって、通気層が出来、床下に湿気がたまることがなくなります。

▼配管も完了しており、ウレタンでしっかり隙間を埋めています。

▼品質管理の木村が、検査を行っています。
問題がないか、しっかりと確認を行います。

▼大引きと大引きの継ぎ手には「床束」と呼ばれる金物が取り付けられています。

▼アンカーを土台に通ししっかりと留められています。
横に墨が打たれています。この線に沿って床合板を貼っていくという印になっています。

この後は、床合板を敷いていき、上棟を迎えます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください