福岡市東区08 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは。12月5日(木)曇り。地鎮祭から2週間ほど経過し、現場がどうなっているか見ていきましょう。
それでは早速リポートしていきます。

▼本日の現場です。土間コンクリート打設前の配筋検査を行っています。

▼配筋検査の結果に基づいて、基礎工事職人がさらに位置の微調整や再結束を行います。

▼配筋の下にひかれているグレーのシートはターミダンシートと呼ばれるものです。
防湿・防蟻という大事な役割を果たします。

▼配筋の下にあるブロックは、サイコロスペーサーです。コンクリートのかぶりを確保しています。

▼この側面に貼られているボードはオプティフォームと呼ばれる基礎断熱材です。
福岡工務店の特徴である、高気密・高断熱に欠かせないものとなっています。

▼コンクリートを流す際に型枠がズレないように杭で固定されています。

▼図面通りの寸法で型枠が組まれているか確認を行います。

▼その後、最終確認を行い配筋検査完了となります。

この後、土間コン打設、立ち上がりコンクリート打設と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください