福岡市東区07 注文住宅建築現場リポート⑨

こんにちは。12月5日(木)曇り。足場の隙間からすでに少し見えていますが、外観が完成に近づいています。足場が外れるのが楽しみですね。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼サイディング貼り、コーキング作業が完了しています。
通気口付近など細かいところまできれいにコーキングが施工されています。
外壁検査が終わり次第、足場が外れ外観の全体が見れるようになります。楽しみですね。

▼中に入ると、建具枠の取り付けが進んでいました。

▼浴室です。石膏ボードが貼り終わっていました。
写真では分かりにくいですが、天井は黄色いですが壁は緑のボードを使用しています。
緑のボードは耐水性のあるボードになっています。ですので水回りに使用されることが多いです。

▼吹き抜け部分の石膏ボード貼りが完了しているようです。

▼棟梁高田大工がスキップフロアの框(かまち)を取り付けています。
まずカットした木材を整えていきます。

▼その後、取り付け箇所に建築用ボンドを塗っていき、慎重に取り付けていきます。

▼取り付けたら完全に貼りつくまで、木材や器具で押さえて固定していきます。

▼2階部分です。天井部分のボード張りが完了しており、壁のボード張りが進められている状態です。

▼2階からの吹き抜けの様子です。とても大きな吹き抜けですね。

この後、内部ではボード張り、階段取り付けが進んでいき、外部では外壁検査、足場解体と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください