• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市東区A 注文住宅現場リポート⑨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月23日(火)晴れ昨日に引き続き、本日もリポートさせていただきますキラキラ光る海と山を眺めながらの運転は、本当に気持ちいいんですよ絶好のリポート日和となりました福岡市東区の現場です

▼本日の現場です養生シートで見えませんが、外壁工事が終わっています
20160523 (1)

▼足場を上がります前々回リポートしたダンクとにもカバーが付きましたスタイリッシュな外壁です
20160523 (2)

▼ダクトと外壁の繋ぎ目にもコーキングが施されています
20160523 (3)

▼バルコニー側です木目調の外壁がアクセントになっています
20160523 (4)

▼コーキングの様子をアップ
20160523 (5)

▼バルコニーの排水管です外壁との繋ぎ目にもコーキングが施されています雨樋が付くと見えなくなりますので、貴重な1枚となります
20160523 (6)

▼それでは、建物中へ入ります石膏ボード張りが進んでいますこの段階になると、段々お部屋の形が分かるようになります扉枠も進んでいます
20160523 (7)

▼こちらは和室です
20160523 (8)

▼押入れですお洋服等もかけれるようになっています
20160523 (24)

20160523 (25)

▼石膏ボート張りが進み、職人道具を大事に保管されている収納棚が移動しています
20160523 (26)

▼土﨑パパ大工は、階段の手すりの取り付け中です「こんにちは~お疲れ様です
20160523 (9)

▼キッチンの形も分かるようになりました大工さん手作りのカウンターも目に入ってきます
20160523 (10)

▼脱衣室です浴室天井の24時間換気システムも見えなくなりました石膏ボードの色が薄緑色です防水加工されたボードなんですよ
20160523 (11)

▼前回リポートで棟梁の土崎篤郎大工が作業していた勝手口は、このように仕上がりました
20160523 (12)

▼リビングにはFIX窓(左)と横すべり窓(右)がありますお洒落ですね
20160523 (23)

▼それでは、2階へ
20160523 (13)

▼土﨑パパ大工の手すり取り付けの様子細かい作業です
20160523 (14)

▼主寝室です
20160523 (15)

▼土崎大工は、巾木工事の真っ最中です「お疲れ様です~
20160523 (16)

20160523 (17)

20160523 (18)

20160523 (22)

▼巾木とは、床と壁の継ぎ目で、壁の最下部に取り付ける細長い横板の事。床と壁の境目となり、汚れたり、壊れやすい壁の下部を保護するのが目的ですこちらの写真では、白い部分です
20160523 (19)

▼将来2部屋にできる子ども部屋です
20160523 (20)

▼なんと!オープンクローゼットです
20160523 (21)

▼1階に降りましたもう少しで手すりが完成です
20160523 (27)

▼外壁と巾木の様子この後、左官工事が入ります
20160523 (30)

▼リポートの最後は、廃材置き場に目が留まりました現場ではたくさんの廃材が出るのですが、細かく裁断してあります裁断することでたくさん収納することも出来るんですよねお二人の職人気質に「おっ」です
20160523 (28)

▼段ボールも綺麗に保管されています
20160523 (29)

▼整理整頓された現場を後に、心気持ちよくリポート終える頃には青空に飛行機雲が出ていました
20160523 (31)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加