福岡市東区09 注文住宅建築現場リポート⑩~木工事・木工事・手すり施工~

こんにちは。リポート担当の有村です。8月12日(木)雨。本日は、棟梁泊大工と息子泊好樹大工のお弟子さんケント君が木工事終盤の作業を行っている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう!

▼本日の現場です。足場の解体が完了し、全景が見えるようになりました!

▼1階部分です。石膏ボード張りが進み、完了間近といった様子です。

▼スキップフロア部分です。スキップフロアには造作のカウンターが設けられています。

▼階段部分の施工も完了していました!

▼泊好樹大工の弟子ケント君が大親方の泊大工に見守られながら作業を進めています!

▼先ほど採寸を行った部分の石膏ボードを加工していきます。丁寧にカットしていき、ぴったり加工することができました!

▼2階部分です。吹き抜け部分の足場も外れ、化粧梁が見えるようになりました!

▼棟梁の泊大工です。何やら部材を丁寧にカットし、鉋とやすりを使い加工を施していました。見ているだけで息をのむ細かい作業です。

▼先ほど加工された部材は、手すりの部材のようです!匠の技で、ぴったりとはめ込んでいきます。ミリ単位での調整が必要になる作業なだけに圧巻です!

この後、木工事完了に向けて作業が進んでいき、タイル工事、クロス工事と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください