福岡市東区09 注文住宅建築現場リポート⑥~木工事・断熱材キューワンボード~

こんにちは。リポート担当の平野です。6月24日(木)晴れ。
上棟式から約2週間が経ちました。本日は、その後現場がどのように進んでいるのか見ていきたいと思います。

▼本日の現場です。

▼壁部分は、耐力面材あんしんの施工が完了しています
『耐力面材あんしん』は、耐震性・防耐火性・耐久性を兼ね備えている優れた建材です。

▼耐力面材を固定する釘のピッチ(距離)にも厳しい規定があり、社内検査と第三者機関による検査が行われます。

▼サッシ・玄関ドアの搬入・取り付けが完了しています。

▼そして、あんしん耐力面材の上には、外断熱材『キューワンボード』の取り付けが進んでいます。
キューワンボードの表面は赤外線高反射タイプのアルミ箔で覆われており、真夏の太陽から届く熱源の紫外線を反射する効果があります。

▼キューワンボードの継ぎ目部分には、これから専用の気密テープが貼られ、隙間が出来そうな部分を完全に密封します。

▼もちろん!隙間ができやすいサッシの周りにも気密テープを貼ります。
横→縦の順で貼ることで、万が一水が浸入しても内側に入ってこないよう貼り方にもこだわっています。

▼屋根部分の施工も進んでいますね

 

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください