福岡市東区06 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは!7月31日(水)晴れ。福岡市東区06の現場です。基礎工事が始まりました。

▼本日の現場です。やり方工事が終わっています。「やり方工事」とは、建物の正確な位置・寸法・直角・地盤の水平を出すなど、建築では基礎工事完了までの重要なもので、福岡工務店では現場監督が施工しています。

▼「やり方工事」で、決めた高さのレベルに板を打ち付けています。

▼貫板には、様々な指示を記入しています。「▲GL+550」というのは、ここが設計GL(グランドライン)で、仕上がり予定地面から550ミリ(55cm)の高さになるという意味です。

▼ローラー転圧が必要な旨が記入してあります。

▼貫板に書いてある90/60/50の意味は50(50ミリ)は断熱材(オプティフォーム)の厚み。150ミリ(90ミリ+60ミリ)がコンクリートの厚みです。

▼根切り(地面を掘る工事)が、終わり、砕石敷き込み作業まで進んでいます。


それでは、次回リポートをお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください