福岡市東区05 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。9月13日(金)晴れ。福岡市東区05現場です。残暑がしばらく続いていますが、工事は順調に進んでいます。早速リポートしたいと思います。

▼本日の現場です。ネットで分かりにくいですが、外断熱材のキューワンボード張りに入っています。

▼玄関口は2階部分がそのまま屋根になる玄関ポーチです。キューワンボード張りが進んでいます。

▼ボードとボードの間には、気密テープがしっかりと貼られています。

▼サッシや窓も取り付けられました。


▼2階へ上がってみます。棟梁の泊大工は壁の下地作りの作業中でした。

▼間柱の記したところを凹にカット。石膏ボードの受け材となる、横胴縁を入れていきます。

▼床には、設置されるドアや部材が印付けてあります。

▼バルコニー部分です。建物の外周に耐力面材が張られ、窓も設置。キューワンボード張りも始まりました。

▼耐力壁となる部分の面材の釘打ちピッチ(間隔)もバッチリです耐力面材「あんしん」についての詳しい説明は「こちら」クリックしてみて下さい。

この後は、更にキューワンボード張りが進み、気密検査に向けて工事が進んでいきます。それでは次回リポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください