福岡市東区04 注文住宅建築現場リポート⑧

11月13日(火)晴れ日陰は少し冷たく感じるのですが、日が当たる所はぽかぽか陽気です本日もリポート日和となりました現場は、たくさんの職人さんが作業中です職人さんの姿に注目です福岡市東区Cの現場です

▼本日の現場です無事気密検査を終え、外壁工事がスタートしています

▼外では、浴室工事のためボードをカット中ほこりが舞うので建物内よりリポート「こんにちは~お疲れ様です」棟梁の泊大工・電気工事・浴室工事・現場監督の田之上が作業中です職人さんの姿をパシャリ

▼松尾電機さんいつも上を見上げながらの作業お疲れ様です

▼現場リポートではなかなかお会いすることない、浴室取り付け作業

▼すると、お施主様ご家族が打ち合わせに来られましたこちらも、現場リポート中はお会いできないですね「宜しくお願いします」早速、2階へ棚の高さや幅を確認していただきましたイメージしやすいように、キューワンボードを使い仮の棚を造作しています

▼その間に、全体をパシャリ24時間換気システム用ダクトも付いています!そして、日本住宅らではの木工事が見れるのも今だけですいつも感動します石膏ボード張り前の貴重な一枚になりました

▼壁の下地です両側に石膏ボードを張り壁になります大工職人技が光っています

▼屋根裏収納への簡易階段が付きました早速使わせて頂き屋根裏収納へ

▼とても広いですまだ、木工事が分かりますね

▼続いて、1階へ降りますリビングでは、シャッターのスイッチの位置の確認中です

▼バルコニーには、防水工法をとるためのウォーターガードを張っています

▼更に足場を上がります外壁工事担当の坂本さん親子が作業中です「こんにちは~お疲れ様です」通気胴縁(縦の木材)を取り付けています通気胴縁とは、壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工します

▼職人さんの姿をパシャリ

▼こちらは、浴室の換気用ダクト外壁サイディング工事が入ると見れなくなる貴重な部分です福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています

▼こちらが上記の内側奥で分かりづらいのですが、カメラに納めましたまだ、作業途中です

▼リポート終わるころも、現場は終始笑い声アットホームで現場が幸せに満ちていました

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください