福岡市東区03 注文住宅建築現場リポート⑧

2月15日(木)雨しとしと雨が降っていますが、寒さは和らぎました本日は、福岡市東区と福津市の2現場のリポートをさせていただきます今日も大事なカメラを抱え、一日遅れですが女性スタッフからのバレンタインチョコを片手に向かいました皆さん、いつもありがとうございます先ずは、福岡市東区の現場です施主立ち合いの気密検査を控えています

▼本日の現場です前回は、まだブルーシートに覆われていましたが、耐力面材張りが進み窓もほぼ入っています

▼そして、近くへ耐力面材張りが終わり、外断熱のキューワンボード張りへと進んでいますお天気がいい日はキラキラ光っているのですが…あいにくの雨ですので水をはじいているのが分かります

▼建物の基礎のパフォームガードと外断熱のキューワンボードをパシャ気密防水テープでしっかり塞いでします

▼インナーガレージ耐力面材と外断熱のキューワンボード張りです

▼インナーガレージの外側壁には、下地木材を施しています

▼玄関ドアが入りました

▼棟梁の泊大工と現場監督の田之上です「こんにちは~お疲れ様です」田之上は、気密検査に向け現場の整理やチェックの真っ最中です

▼泊大工は、壁の下地造作中です

▼窓も入りました

▼そして、気密検査後は電気工事が入りますので、このような張り紙を貼付しています

▼続いて2階へバルコニーの防水工事の真っ最中ですこの部分だけ窓が入っていません防水工事終了後取り付けます

▼バルコニーの窓は、書斎に搬入されています

▼防水工事担当のシバショウさんが、下地工事中です「こんにちは~お疲れ様です

▼洋室②です2階は、壁と天井の下地工事が進んでいます日本住宅ならではの木工事にいつも感動します石膏ボード張りに入る前にパシャ

▼壁の下地途中ですが、パシャ

▼洋室①

▼筋交いと壁の下地の木工事大工職人技が光っています

▼床をよく見ると色々なテープを貼っています分かりやすいですね福岡工務店では、現場監督が貼ります

▼主寝室です

▼天井を見上げると、白いモコモコ発砲ウレタンフォームを充填していますこれも高断熱・高気密住宅ならではの施工です

▼途中、施工管理部の木村の差し入れのコーヒーをみんなで頂き休憩インナーガレージでは、防水工事の資材が搬入されています

▼木村は、コツコツ隙間に発砲ウレタンフォームを充填しています「お疲れ様ですコーヒーごちそうさまでした

さて、こちらの現場では2月24日(土)構造見学会をとり行います
久々の構造見学会です。今まで以上に皆様のご質問にもお答えしたいと今回は、棟梁の泊 豊大工と現場監督の田之上が立ち会させていただきます。ただいま大人気でお申し込みも多数いただいておりますが、若干の余裕がございますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください