福岡市東区02 注文住宅建築現場リポート⑥

4月21日(金)晴れ爽やかな晴天の恵まれ絶好のリポート日和となりました道中の海がキラキラ光っていて、心もウキウキになりました福岡市東区の現場です

▼本日の現場です明日の気密検査に向けた準備が進んでいます前回のリポートでは、耐力面材張りでしたが、本日は外断熱のキューワンボード張りが終わっています

▼玄関が付きました

▼中に入ります気密検査に向けて現場監督の田之上が、現場の環境整備をしています

▼窓が入り、天井と壁の下地が進んでいます

▼2階へ上がりますこちらは、音楽室です床、壁とも防音加工を施しますよく見ると、今の段階では床が防音シート分だけ低く作られています

▼現場監督の田之上が床の防音シートをしてくれましたこれを張ると他の床と同じ高さになりました防音シートを張った後床材を張っていきます「田之上さん、ありがとうございます

▼私が来る前には、現場監督の木村が隙間なく発砲ウレタンフォームを充填していたようです白くモコモコ見えているのが、発砲ウレタンフォーム高断熱・高気密住宅ならではの施工です

▼2階も天井と壁の下地が進んでいますこの綺麗な日本住宅ならではの木工事が見られるのも今だけです

▼東側屋根の下の様子です屋根下は普通はキューワンボード張りなのですが、こちらは構造上強化するために、キューワンボードの下に野地板を張り強化ています

▼田之上現場監督は、気密検査に向けて段取り中です

▼足場を上がり外断熱のキューワンボードの様子です

▼バルコニーです

▼玄関の軒先もしっかり発砲ウレタンフォームを充填しています

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/