福岡県福岡市東区青葉01 注文住宅建築現場リポート⑧~木工事・床材貼り~

こんにちは。リポート担当の有村です。8月26日(木)曇り。本日は、1階部分の床材貼りが行われている様子を見ていきたいと思います。
それでは早速リポートしていきましょう。

▼本日の現場です。

▼家の全体を覆うように外断熱材キューワンボードの施工が完了していました。キューワンボードの表面は赤外線高反射タイプのアルミ箔で覆われており、真夏の太陽から届く熱源の紫外線を反射する効果があります。

▼1階部分です。

▼土崎父大工が床材の施工を行っていました。ボンドを塗り、カットした床材をはめ込んでいきます。ぴったりハマっていく様子は見ていて気持ちがいいです。

▼棟梁の土崎大工です。こちらでは、浴室部分の床材の施工が行われていました。丁寧にカットしていき、はめ込んで固定していきます。床材のデザインが変わるとガラッと印象が変わりますね!

▼2階部分です。

▼1階同様に壁や天井の下地作り、床材の施工が完了していました。

▼見にくいですが、現場監督たちが天井上部分やサッシ周りにウレタンを充填していました。細かい部分ではありますが、高気密・高断熱の家造りをするためのこだわりです。

この後、機密検査が行われ、サイディングの施工、石膏ボード施工と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください