01福岡市東区 一覧

福岡市東区C 注文住宅建築現場リポート⑥

10月16日(火)曇り福岡市東区Cの現場です昨日は地元ソフトバンクが、日本ハムを破りファイナルステージ進出を決めましたねおめでとうございます明日からの西武戦もしっかり地元から応援したい思います

▼本日の現場です10月4日の上棟式より12日目「バン!バン!」という音が周りに響いていますご近所の皆さまご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします
20181016 (1)

▼お隣のワン子ちゃんが、私が通るのを見て優しく吠えてきましたすると、上から「めったに吠えんけど、おかしいね~(^^;)」と冗談交じりで・・・棟梁の泊大工は、耐力面材を張っています響いて音は耐力面材張りの音でした「こんにちは~ワンちゃん可愛いですよね」
20181016 (3)

▼早速、上に上がります玄関屋根です緑色のシートは、アスファルトルーフィングで防水の役目があります福岡工務店では、250ミリ以上の巻き返しです。長さが短いと隙間からの雨漏りや雨漏りが原因で釘などの金属も錆びたりして、後々不具合が出たりします
20181016 (6)

▼さらに上がり1番上へこちらはひな壇に建築中ですので、4階建ての屋根くらい高いです田瓦工業さんが屋根工事中ですが、只今休憩中この高さでの作業は、職人さんならではです屋根は、コロニアル葺きです
20181016 (7)

▼「おっ!」吹き抜けには、上棟札がご安置され工事の安全を見守ってくれています
20181016 (5)-1

▼早速、中へ入ります耐力面材張りが進み、窓枠が分かるようになりました
20181016 (2)

▼窓枠も搬入済みで、それぞれの場所に保管しています
20181016 (8)

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20181016 (11)

▼そして、筋交いプレート地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。更に福岡工務店では、中間検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20181016 (12)

▼続いて、2階へ吹き抜けです
20181016 (9)

▼下へ戻ると泊大工は、ここの耐力面材張りが終わると午前中の作業が一段落のようですいつも笑顔で作業する泊大工です笑顔の作業は、お家が幸せ感いっぱいで建っていきますね
20181016 (10)

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡市東区C 注文住宅建築現場リポート⑤ ~祝・上棟式~

こんにちはすっかり涼しくなり、本格的な秋到来を感じる今日この頃です

さて昨日10月4日(木)福岡市東区にて上棟式を執り行いました
少し天候を心配しておりましたが、皆の願いが天まで届いたのか、前日までの予報と違い時折雨が降る程度。無事に棟上げまで執り行うことが出来ました

それでは早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

 

▼午前7時半、施主ご一家が現場に到着しました現場監督の田之上と、棟梁の泊大工がお出迎え

181014 (1)

▼お出迎えの後は、工事が安全におこなえるように、ご家族みんなで建物の四方のお清めをおこなっていただきました
181014 (2)

▼午前8時、さぁ、上棟作業がスタートですまずは1階の柱を外側から建てていきます
181014 (3)

▼すこーし、雨が降りそうなお天気。2人のお子様は早速かわいい雨がっぱに衣装チェンジ
181014 (4)

▼上棟作業はクレーン車との連携プレーが大切です。棟梁の泊大工と現場監督の田之上が慎重に部材を降ろします
181014 (5)

▼今回は、道路と敷地に高低差があり、道路からは作業風景が見えづらいため、ヘルメットを着用していただき、時折現場の状態をご覧いただきましたお子様へのヘルメットの装着は、現場監督の田之上が担当。とってもよく似合っていました
181014 (7)

▼午前8時40分、着々と作業は進み、2階の床を支える梁や胴差しの設置です。大工職人の生き生きとした表情が素敵ですね
181014 (9)

▼全体の様子です。写真手前にある大きな空間は「吹き抜け」です。高気密・高断熱の家だからこそできる吹き抜けは、家の中を明るくしてくれたり、空間をより広く見せてくれる効果もあります
181014 (12)

▼2階の梁の設置です。重い木材を持ちながらでも、素早く梁の上を移動できる身体能力にはいつも驚かされます
181014 (18)

▼屋根を支える柱「小屋束」が設置され、その上に横架材を取り付けていきます。一番高い位置にある横架材は「棟木」で、この棟木の設置が終わると、ついに「上棟」を迎えます
181014 (20)

▼午前の工程で家の形がほぼ見えてきました。大工職人&現場監督のチームプレーの賜物です
DSC_0252

▼そして、正午ごろ、待ちに待った昼食会のお時間がやってまいりました。ご主人より、心温まるお礼の言葉を頂戴しスタッフ一同嬉しい気持ちでいっぱいになりました
181014 (22)

▼昼食会後は恒例の現場見学です。上のお子様もご主人と一緒に一番高い足場まで登っていただきました
181014 (24)

▼ご家族みんなでパシャリ家族みんなでヘルメットをかぶった記念撮影ができるのも上棟ならではです
181014 (23)

▼楽しかった昼食会も終わり、午後の工程がはじまりました。大工職人が作業してる場所は、なんと10帖近くもある小屋裏収納です完成が楽しみですね
181014 (25)

▼垂木の設置がはじまり、屋根の形状がハッキリしてきましたね
181014 (28)

▼垂木が設置されると、母屋と垂木の隙間を現場監督の中村が「発泡ウレタン」で塞いでいます
181014 (26)

▼高気密・高断熱を実現するために、ほんの小さな隙間でも見逃さず、きちんと施工を行っていきます
181014 (27)

▼垂木の設置が終わると外断熱材「キューワンボード」を設置し、「気密テープ」という専用のテープを使い、キューワンボード同士を繋ぎ合わせるように貼り付け、隙間をふさぎます
181014 (29)

▼本日、大工職人がおこなう最後の工程、「野地板」の施工です。このあと、ルーフィング職人によって防水シートの施工も行われ、この日の上棟式は全工程終了となります。この度の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください
181014 (30)

福岡市東区C 注文住宅建築現場リポート④

10月1日(月)晴れ時々曇り週末は台風の影響が全国で出ていましたが、福岡は幸い大きな被害はなかったみたいですね福岡には予報では上陸すると言っていても結構直前でそれたりしていつも難を逃れていますねまた今週末も台風が接近しているみたいですね気をつけましょう今日は昼頃から雲が出てきていつ雨が降ってきてもおかしくないような空でしたが、リポートに伺った午前中は晴れていて良かったです本日は福岡市東区の現場からの現場リポートをお伝えします

▼本日の現場です
DSC_0001-min

▼前回のリポートより二週間、だいぶ進んでいました砕石・転圧→防湿フィルム張り→捨てコンクリート打設と進み、配筋工事→型枠取り付け→立ち上がり生コン打ちまで終わり、養生期間を経て本日は上棟前の土台時期の作業をされています現場監督の田之上は昨日の台風の後の処理で溜まった水を取り除いています
DSC_0028-min

▼木曜の上棟式で使う金物と資材です土台時期が終わるころにまた残りの資材が搬入されてきます
DSC_0027-min

▼全体をパシャリ奥に見えているのは担当大工の泊豊棟梁です

DSC_0025-min

▼泊豊大工、真剣なまなざしで土台をアンカーボルト用の穴の位置を計測し印を付けています
DSC_0020-min

▼給排水管と基礎には、クリーム色のモコモコ防蟻ウレタンフォームです
DSC_0009-min

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気を良くすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
DSC_0008-min

それでは、次回は上棟式のリポートとなりますお楽しみに(^^♪

1 2 3 4 13