福岡市博多区諸岡01 リポート⑦

福岡市博多区諸岡の現場。

おぉ、デカデカとかかる懸垂幕(垂れてないから微妙に言葉が違う?)

そうです、来週の11月27日(土)、28日(日)は、ここで建物見学会が行われます

1週間後に迫った見学会に向けて、大工さんはさぞや忙しくしていることでしょう。

先週まで道善にいた泊父子がここの担当です。

あっ!いらっしゃいました、泊親方。

私「おはようございま~す

親方「そうか、今日は金曜日か…」

私の現場訪問が毎週金曜日だってこと覚えてくれてたんだなぁ~嬉しいなぁ~

▼では室内に入りましょうか。

先週、運ばれていたサッシ窓の取り付けは完了しています。

では2階に上がってみましょう!

ここには息子さんの姿が…

息子さんのまるで軽業師のような仕事ぶりをお目にかけましょう

ちょっと解説しますね

脚立を使って桁に登った泊ジュニア。

角材をスルスルっと引っ張りあげます。

その角材を渡して作業の足場に使います。

トントントンと必要な個所の釘打ちを終わらせると、スイスイっと降りてきました。

見学していた私の口はあんぐり。

▼この諸岡の家も屋根の内側にふんだんに木を使用しています。

高所恐怖症の大工さんはいないでしょうが、しかし泊ジュニアの敏捷な身のこなしはスゴイの一言

▼なんて感動していたらアレレ!

いつの間にか、親方も外の足場を使って2階に来てた

この敏捷さは遺伝なのか

▼最後にお見せするのはバルコニー部分。

2室続きの長いバルコニー。

晴れた日にはここにデッキチェアーでも出して、日光浴しながらビール飲むと最高

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください