福岡市博多区空港前03 リポート⑥ ~上棟式~

こんにちは

7月4日(土)、本日は博多区空港前にて上棟式をおこないました

天気は、朝方は曇り。昼前からあいにくの雨模様でしたが、無事上棟することができました

▼朝7時40分、施主の到着です。田之上現場監督が上棟の流れを説明しています。

hakataku_kuukoumae_20150714 (3)

▼上棟式に欠かすことができないクレーン車。正式名称は「ラフテレーンクレーン」新車で買うと、なんと2,600万円くらいしますまるで家が走っているようですhakataku_kuukoumae_20150714 (1)

▼8時になりました。まずは、建物が建つ四隅のお清めです。棟梁を務める泊大工がお塩で清めます。  hakataku_kuukoumae_20150714 (4)

▼続いて住宅コンシェルジュの樋渡がお米を置きます。
hakataku_kuukoumae_20150714 (5)

▼続いて施主がお神酒で清めます。
hakataku_kuukoumae_20150714 (6)

▼工事の安全を祈って、全員で乾杯します
hakataku_kuukoumae_20150714 (7)

▼それでは作業開始です大工の皆さん、本日もよろしくお願いします
hakataku_kuukoumae_20150714 (8)

▼最初は、2階まで伸びる通し柱を立てます。
hakataku_kuukoumae_20150714 (9)

▼大工職人の連携プレーで次々に柱と梁が組まれていきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (10)

▼ラフテレーンクレーンが大活躍中
hakataku_kuukoumae_20150714 (11)

▼田之上現場監督は図面と照らし合わせながらチェックしていきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (12)

▼作業開始1時間程度で梁と横架材の組み込みまで完了です
hakataku_kuukoumae_20150714 (14)

▼横架材の組み込みまで終わると、「建て入れ直し」という作業をおこないますこれは、建物の垂直を測って微妙な傾きを修正していく作業で非常に重要です。泊大工が指示をして、微妙な傾きを迅速に修正していきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (17) hakataku_kuukoumae_20150714 (18)

▼建物がきちんと垂直になると、続いて金物で木材を固定していきます。
hakataku_kuukoumae_20150714 (13)

▼おや前回の上棟に続き、本日も元現場監督の樋渡住宅コンシェルジュの姿が今日も靴が目立ってますhakataku_kuukoumae_20150714 (15)

▼そのころ、外断熱材のキューワンボードを満載したトラックも到着です
hakataku_kuukoumae_20150714 (16)

▼金物の設置が完了すると、皆で2階の床板を敷いていきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (19)

▼1階と同様に2階の柱や梁を組んでいきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (20)

▼大工さんは家を建てるのに様々な道具を駆使します。ちょっとした物でも、作業を迅速に行えるように色々と工夫しています。
今日は、ヘルメットに鉛筆を取り付ける小物を発見です
hakataku_kuukoumae_20150714 (21)

▼2階天井部分の小屋梁や横架材を組み終わると、斜めに取り付ける火打梁(ひうちばり)を取りつけていきますhakataku_kuukoumae_20150714 (22)

▼高田大工がなにやら丸ノコを使って作業中。何を作っているのでしょう
hakataku_kuukoumae_20150714 (23)

▼丸ノコで無数の切り込みができました。
hakataku_kuukoumae_20150714 (24)

▼それをノミを使って削ずり取っていきます。
hakataku_kuukoumae_20150714 (25) hakataku_kuukoumae_20150714 (26)

▼高田大工に確認すると、後でこの木を立てて、窓台になる木をはめ込むんだそうです。なるほど
hakataku_kuukoumae_20150714 (27)

▼高田大工の作業を見学していると、気づいたら屋根の一番てっぺんの木(棟木)が組まれていました
hakataku_kuukoumae_20150714 (29)

▼反対側はこんな感じ。棟木が組まれたということで、無事「上棟」することができました
hakataku_kuukoumae_20150714 (30)

▼上棟した頃、1階では施主もてなしの昼食会の準備が整っていました
hakataku_kuukoumae_20150714 (28)

▼施主の登場です実はこの場所、地面をよく見るとコンクリートです。何故かというとインナーガレージになる場所なんです今日のような雨の日でも濡れずに家の出入りができてとっても便利
hakataku_kuukoumae_20150714 (31)

▼樋渡住宅コンシェルジュの挨拶の後、棟梁の泊大工が施主にご挨拶。
hakataku_kuukoumae_20150714 (32)

▼続いて、施主から大工職人へ工事の安全を祈念していただきましたありがとうございます
hakataku_kuukoumae_20150714 (33)

▼昼食会が終わると、一休みして、午後の作業開始です。
少し雨が強くなってきました
hakataku_kuukoumae_20150714 (34)

▼雨が降りしきる中でも、大工職人の手は止まりません屋根の母屋(もや)と呼ばれる木に歪みがないか慎重にチェックしていきます
hakataku_kuukoumae_20150714 (35)
hakataku_kuukoumae_20150714 (36)

▼屋根の垂木を設置し終わると、続いてキューワンボードと呼ばれる屋根の断熱材を貼る作業です。滑るので慎重に作業を進めます。本日の現場取材は、ここで終了しました

この後、キューワンボードの上に、胴縁と呼ばれる木を設置して、合板を載せた後、ルーフィングと呼ばれる防水シートを設置して、本日の作業は完了です

hakataku_kuukoumae_20150714 (37)

本日の上棟、誠におめでとうございます

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください