• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市博多区A 注文住宅建築現場リポート④ ~祝・上棟式~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
本日7月9日(月)、福岡市博多区にて上棟式を執り行いました
ここ連日の大雨から一転スッキリとした青空に恵まれ、スタッフと大工職人もほっと一安心。作業も順調に進み、素晴らしい上棟式となりました

それでは、早速上棟式の様子をリポートさせていただきます

▼午前7時20分ごろ、上棟式には欠かせないラフタークレーンが到着
180709-jyoutou (1)

▼施主ご夫婦が到着されました太陽がまぶしい最高の天気に、話も弾みます
180709-jyoutou (2)

▼挨拶の後は、建物の四方を清める「四方固め」が始まりました
180709-jyoutou (3)

180709-jyoutou (4)

▼四方固めと乾杯の後、午前8時すぎから「上棟作業」がスタート
180709-jyoutou (5)

▼施主ご夫婦には、ゆっくりと上棟作業を見ていただく事が出来ました
180709-jyoutou (7)

▼現場では、最も長い柱「通し柱」が立ち上がり終わったところでした次に外側、内側の柱の順で作業は進んでいきます。
180709-jyoutou (8)

▼柱を立て終わると、「梁」「胴差し」などの「横架材」を取り付けていきます。ここからは、クレーン車も作業に加わります
180709-jyoutou (9)

180709-jyoutou (10)

▼現場で動く大工職人たちの動きを見守る、泊豊大工。重たい部材や重機を扱うため、安全第一を心がけています。
180709-jyoutou (12)

▼午前8時40分、約1時間で1階の柱と梁を組み終わりました
180709-jyoutou (13)

▼続いて、「建て入れ直し」の作業がはじまりました立っている柱が垂直になっているかを確認し、少しでもズレがあった場合はミリ単位の修正を行う、とても重要な工程です
180709-jyoutou (15)

▼ピッタリと真下を指しています建て入れ直しは、主要な柱一本ずつに時間をかけて行っていきます。
180709-jyoutou (16)

▼同時進行で、梁同士・または柱と梁を「専用の金具」で固定していく作業も行われます
180709-jyoutou (14)

▼現場下の敷地では、次に使われる「2階の柱」が運び上げられていました
180709-jyoutou (17)

180709-jyoutou (18)

▼2階の柱、横架け材も1階同様に立てていきます
180709-jyoutou (19)

▼こちらも、しっかりと建て入れ直しが行われますちょうど、確認の終わった柱に仮筋交いという施工を行っているところです
180709-jyoutou (20)

▼午前11時すぎ、2階の天井部分まで組み終わりましたここからは、屋根の施工に移ります。
180709-jyoutou (22)

▼下では、現場監督の中村が、断熱材を運び上げる準備の真っ最中現場監督は、作業が段取りよく進むよう、タイミングを見計らって動いていきます。
180709-jyoutou (23)

▼そして、午前11時10分ごろ、ついに屋根の一番高いところに「棟木」と呼ばれる木材が取り付けられました。この時点でついに「上棟」を迎えます誠におめでとうございます
180709-jyoutou (24)

▼そろそろ、お昼時。下が賑やかだったので覗いてみると、住宅コンシェルジュの平山と北嶋が、お昼の準備に来ていました
180709-jyoutou (25)

▼上棟を迎えましたが、作業はまだまだこれからです屋根を支える柱「小屋束」、横架材「母屋」をどんどん設置していきます
180709-jyoutou (26)

▼小屋束、母屋、棟木がすべて設置し終わりましたなだらかな斜面を描き、なんとなく屋根の形が見えてきた気がします。
180709-jyoutou (27)

▼こちらでは、高田大工が、小屋束同士を固定する「雲筋交い」を取り付けていました
180709-jyoutou (28)

▼お昼に差し掛かり、さらに日が強くなってきました田口大工もサングラスを装備し、日差し対策バッチリです
180709-jyoutou (29)

▼「垂木」の取り付けがスタートし、屋根の施工もそろそろ中盤に差し掛かってきました現場監督の小屋町も、金づちを手に加わります
180709-jyoutou (30)

▼母屋の上へ載せるように、垂木を一本ずつかけていきます。
180709-jyoutou (31)

▼現場監督の田之上は、部材と部材の間に生じやすい隙間を「発泡ウレタン」で施工していきます高気密にこだわる福岡工務店の家は、細かな気遣いとバツグンの施工技術によって支えられています
180709-jyoutou (32)

▼垂木もばっちり!等間隔に美しく並んでいます
180709-jyoutou (33)

▼午前の作業もひと段落、お待ちかねの昼食会がスタート棟梁を改めてご紹介した後、施主のご主人よりあたたかいお言葉を頂戴しました午後に向けて、美味しいお弁当をゆっくりと食べて英気を養います
180709-jyoutou (34)

▼昼食会の後は、恒例の現場見学のお時間です現場監督の田之上、小屋町、コンシェルジュの平山の三人が、ご主人をご案内しました
180709-jyoutou (35)

▼午後1時30分すぎ、午後の作業がスタートしました午前中に取り付けた垂木の上に、断熱材「キューワンボード」を設置します
180709-jyoutou (36)

▼キューワンボードを設置し終えたら、ボード同士の間を「専用の気密テープ」でぴったりと塞いでいきますここも、高気密・高断熱にこだわる福岡工務店ならではの工夫がつまっているポイントです。
180709-jyoutou (37)

▼この時間の最高気温は、32℃表面に、遮熱対策用の特殊なアルミ素材が貼ってあるキューワンボードの照り返しもあり、まさに汗が噴き出す状態です
180709-jyoutou (38)

▼次は、空気層を確保するための「通気胴縁」の施工です
180709-jyoutou (39)

▼通気胴縁を固定する前に、まずは手作業で一本ずつ釘を打ち、仮留めしていきます
180709-jyoutou (40)

▼屋根の施工も大詰め!大工職人が行う、本日最後の工程「野地板」の設置がはじまりました
180709-jyoutou (41)

▼先ほど取り付けた、通気胴縁に合わせて、しっかりと板を固定していきます
180709-jyoutou (42)

180709-jyoutou (43)

▼専門の業者による防水シートの設置、「ルーフィング作業」も行われました
180709-jyoutou (44)

▼本日の上棟式、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください
180709-jyoutou (46)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加