福岡市博多区02 注文住宅建築現場リポート④

こんにちは。10月10日(木)晴れ。福岡市博多区02の現場です。気持ちのいい快晴で、作業日和となりました。
それでは、リポートしていきたいと思います。

▼今回の現場です。すでに枠が組まれており、生コンクリートの打ち込みが始まっていました。

▼コンクリートを流し込むポンプ車です。コンクリートを流し込むホースも太くて、大迫力です。

▼ポンプ屋さんの松井さんです。ホースが暴れないようにしっかりと押さえながら流し込んでいます。

▼流し込み作業と同時に、このバイブレーターを使って攪拌作業を行います。
これは隅々まで空洞を作らないようにするための大事な工程になっています。

▼流し込まれたコンクリートは、「とんぼ」や「こて」を使って綺麗に均していきます。

▼現場監督の古藤が、水糸と枠の位置がずれていないか確認しています。

▼古藤の指示に従って、枠の位置を微調整しています。

▼本日は土間の打設で終わり、日を置いて立ち上がりコンクリートの打設となります。

基礎工事の後は、配管工事、土台敷き、そして上棟と進んでいきます。

それでは次回のリポートもお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください