福岡市中央区03 注文住宅建築現場リポート⑥

4月26日(金)曇り時々雨いよいよ明日から10日間の大型連休ですねそして、平成も残すところ五日となりました色んな思い出を胸に「令和」へ本日は、平成最後の現場リポートとなります福岡市中央区Cの現場です

▼本日の現場です耐力面材張りが進んでいます玄関ドアも入っています
20190426 (1)-min

▼小雨が降ってきましたので、気を付けて足場を上がります耐力面材は「あんしん」耐力性能については、「こちらから」詳しくご覧いただけますので、クリックしてみてくださいね
20190426 (5)-min

▼こちらは、店舗兼2世帯住宅それでは、駐車場側玄関より中へ
20190426 (4)-min

▼上から音がしていますので、棟梁の高田大工は2階です窓が入りました
20190426 (2)-min

▼そして、こちらは店舗になります
20190426 (3)-min

▼続いて、2階へ3か所の窓を残し、ほぼ入っています
20190426 (6)-min

▼筋交い工事が進んでいます斜めの木が「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱現在は、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20190426 (7)-min

▼筋交いプレートです地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。福岡工務店では、しっかり金物検査で現場監督が検査を行います。
20190426 (8)-min

▼棟梁の高田大工は、一番大きいサッシを取り付けています「こんにちは~お疲れ様です」「重いよ~」とのこと
20190426 (9)-min

▼こちらは、用途地域が防火地域ですので、防火構造住宅用施工をとっていますサッシも網入りですそして、よく見ると一枚33キロ高田大工が取り付けるのに重たいはずです
20190426 (10)-min

▼腕力で取り付けていきます
20190426 (11)-min

20190426 (12)-min

▼すると、現場監督の中村の誘導で、福岡工務店こだわりの外断熱のキューワンボードを搬入
20190426 (13)-min

20190426 (14)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^♪

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください