福岡県大野城市02 注文住宅建築現場リポート⑦

6月18日(月)曇りのち晴れ春日市と大野城市の2現場のリポートをさせていただきます今朝の近畿地方の震度6弱の地震どうか、一日も早く復興しますようにそして、続くだろうといわれている余震が大きなものとなりませんように・・春日市より大野城市へ福岡県大野城市の現場です

▼本日の現場です気密検査が終わり、外壁工事中です
20180618 (1)-min

20180618 (8)-min

20180618 (7)-min

▼縦の木材が取り付けられています通気胴縁です壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材、外壁に通気層を設けるために施工されます
20180618 (4)-min

▼外壁サイディング材の取り付けの様子ですこのように通気胴縁に金具で内側から固定するので、釘が貫通することなく美しい仕上がりになります
20180618 (3)-min

▼そして、24時間換気用ダクトをパシャこのように福岡工務店では、通気層では気密防水テープでしっかり止水対策を施しています外部からの入水を防ぐという意味とは別に、高い気密性能をも実現させています。現場監督が特にシビアにチェックしていきます
20180618 (2)-min

▼別の場所では、外壁サイディングを張った後の換気用ダクトをパシャ
20180618 (5)-min

▼バルコニ-側もしっかり防水工事をしていますこのような部分は、外壁サイディングを張ると分からなくなる部分です
20180618 (6)-min

▼玄関左側は外壁サイディングを張っています
20180618 (9)-min

▼玄関右側は、外壁サイディングを取り付ける前段階の作業として、基礎と外壁の間に雨水の浸入を防ぐ土台水切が付ています
20180618 (10)-min

▼それでは、中に入ります上から音がしますので、棟梁の泊好樹大工は、2階で作業中です電気工事・石膏ボード張りへと進んでいます
20180618 (11)-min

▼24時間換気システムと浴室が入りました
20180618 (12)-min

▼白いダクトが24時間換気システム用ダクトここから各部屋に伸びていきます
20180618 (32)-min

▼キッチンからリビングをパシャ
20180618 (13)-min

▼キッチンですよく見ると給排水管工事が進んでいます
20180618 (14)-min

▼2階のトイレの給排水管です
20180618 (15)-min

▼リビングからパシャ
20180618 (16)-min

20180618 (17)-min

▼和室の24時間換気システム用ダクト内側です周りには発砲ウレタンフォームをしっかり充填しています
20180618 (18)-min

▼電気配線と電話配線が集まるリビング収納
20180618 (19)-min

▼続いて2階へ上がります石膏ボード張りが進んでいます
20180618 (22)-min

▼2階ホールです
20180618 (23)-min

▼主寝室です
20180618 (20)-min

▼バルコニーの防水工事が終わり、これから外壁工事が入ります
20180618 (21)-min

▼子供部屋①
20180618 (24)-min

▼棟梁の泊好樹大工は、子供部屋②の扉枠取付前に下地つくり中です「こんにちは~お疲れ様です
20180618 (26)-min

20180618 (25)-min

▼水糸を張って、直線になっているかを確認しながら作業していきます声をかけづらい程の精妙な作業に集中しています
20180618 (27)-min

▼その間に大工職人道具をパシャ使い込まれていて職人の気概が伝わってきます
20180618 (28)-min

▼まだまだち密な計算と裁断が続きます
20180618 (29)-min

▼扉枠下地を固定していきます
20180618 (30)-min

▼そして、扉枠を取り付けます
20180618 (31)-min

▼続いて休憩が終わり、外壁工事が再スタート坂本さんが外壁サイディングを張っていきます
20180618 (33)-min

▼外壁は濃色のネイビー繋ぎ目には、コーキング工事が入ります
20180618 (34)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください