福岡県大野城市02 注文住宅建築現場リポート⑤

5月24日(木)晴れ春日市・大野城市・筑紫野市2現場の合わせて4現場のリポートをさせていただきます爽やかなお天気に恵まれリポート日和となりました広範囲ですが、頑張ります春日市より大野城市へ道中は青空に飛行機雲が出ていて気持ちよく運転出来ました福岡県大野城市の現場です5月12日の上棟式、誠におめでとうございます

▼本日の現場です耐力面材張りが終わり、窓もほぼ入りました
20180524 (1)-min

▼足場では、現場監督の古藤と棟梁の泊好樹大工が打ち合わせしています「こんにちは~お疲れ様です
20180524 (2)-min

▼足場を上がります屋根の下の様子です
20180524 (3)-min

▼更に一番上まで上がります屋根は、コロニアル葺き屋根ですとても気持ちいい風が吹いています
20180524 (4)-min

▼更に足場を回りバルコニーです防水加工がまだですので、ブルーシートで養生しています窓は、防水工事が終わってから入ります
20180524 (5)-min

▼満面の笑みの古藤は、金物検査を終え次の現場へ行く前のようです好樹大工と今後の打ち合わせをしています
20180524 (6)-min

▼好樹大工は打ち合わせが終わり、外断熱のキューワンボード張りに入ります
20180524 (7)-min

20180524 (20)-min

▼それでは、玄関より中へ
20180524 (8)-min

▼筋交い工事が進んでいます
20180524 (9)-min

20180524 (10)-min

▼斜めの木は「筋交い」です筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。現在では、プレカットによる工場での加工が主流となっていますが、福岡工務店では、大工さんによる加工にこだわっています
20180524 (11)-min

▼筋交い中央部分をパシャ大工職人技が光っています
20180524 (12)-min

▼そして、筋交いプレート地震に強い家を造るうえで、金物は非常に重要な役割を果たします。筋交いに対しては、筋交い用の専用金物を、既定のビス、既定の本数を取り付けなければなりません。更に福岡工務店では、今日のような中間検査で現場監督がしっかり検査を行います。
20180524 (13)-min

▼2階へはこの脚立用梯子足元も固定していないので、途中まで上がります次回はしっかりリポートさせて頂きます
20180524 (16)-min

▼2階も筋交い工事が進んでいます
20180524 (14)-min

▼外断熱のキューワンボードがたくさん搬入されています
20180524 (15)-min

▼下へ降り、吹き抜け部分ですとても広いですね
20180524 (17)-min

▼柱が並んでいます
20180524 (19)-min

▼柱には、シロアリ予防の印字をパシャ安心ですね~
20180524 (18)-min

▼分かりづらいのですが、金物検査の様子をパシャチェックをしています
20180524 (21)-min

▼リポートの最後は、木材・耐力面材・外断熱のキューワンボードをアップ
20180524 (22)-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに(^^)/

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください