福岡県大野城市02 注文住宅建築現場リポート③

5月10日(木)晴れ大野城市1現場と筑紫野市2現場の3現場をリポートさせて頂きます五月晴れの晴天に恵まれ絶好のリポート日和となりました道中中学校では、体育祭のムカデ競争の練習中でした頑張ってくださいね先ずは、福岡県大野城市の現場です5月12日の上棟式にむけ準備中です

▼本日の現場です棟梁の泊好樹大工は、土台敷きの真っ最中です
20180510 (1)

▼床合板張りをしています朝八時から作業しているとのこと随分進んでいます
20180510 (2)

20180510 (3)

▼こちらら和室です今から合板を張っていきます
20180510 (4)

▼合板張る前の床下の床束をパシャ床束は、金属製のため、白蟻による浸食の心配がありません基礎と床束には、ウレタンボンドを施していきます
20180510 (5)

▼外断熱住宅ですので、基礎の外側にパフォームガード(白い部分)が施されています。基礎と土台の間に黒く見えるのは基礎パッキンです基礎パッキンは、床下の換気をよくすると共に、基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります
20180510 (6)

▼合板を張ります
20180510 (7)

20180510 (8)

▼すると、現場監督の田之上が到着大工さんのサポートをしていきます
20180510 (9)

20180510 (10)

20180510 (11)

▼和室の合板張りが終わり、床下が見えなくなりました
20180510 (14)

▼このワイヤ連結釘を使います合板張り中は、「バンバン!バンバン!」と音がしていました
20180510 (16)

▼奥には給排水管が見えています
20180510 (12)

▼給排水管をアップ基礎と給排水管の隙間には、薄緑のモコモコが施されています防蟻ウレタンフォームです
20180510 (13)

▼建物内の給排水管をパシャ
DSC_0008

▼合板張りが終わると、続いて養生シートを敷いていきます
20180510 (15)

それでは、次回は上棟式のリポートになりますお楽しみに(^^)/ どうか晴れますように

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください