福岡県大野城市01 注文住宅建築現場リポート① ~地鎮祭~

こんにちは
冬季オリンピックのあつーいニュースで盛り上がった2月17日(土)、福岡県大野城市でも地鎮祭が執り行われていました
コロコロと変わっていく表情が愛らしいご長男に、参列者全員がほっこりとし、穏やかな雰囲気のお式となりました

それでは早速、地鎮祭の様子をリポートさせていただきます

 

▼午後0時30分ごろ、現場の準備が完了しました。あとはご到着をお待ちするだけです
20180217_1 (1)

▼午後0時50分ごろ、施主ご一家がご到着
20180217_1 (2)

▼早速、手のお清めを…と思っていたら、なにやら泣き声が
20180217_1 (3)

▼手を洗うお水が冷たくて、びっくりしてしまったご長男からでした泣いているお顔もまた可愛らしいです
20180217_1 (4)

▼ご長男が落ち着くのを待ちつつ、神主さんから当日のお式の流れをレクチャーしていただきます
20180217_1 (5)

▼午後1時、地鎮祭がはじまりました
20180217_1 (6)

▼神主さんが手にした「大幣(おおぬさ)」を振るい、お清めをされていますこのあと「降神の儀(こうしんのぎ)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」が行われます…。
20180217_1 (7)

▼撮影中、こちらをじーっと見ている可愛らしいお顔もぱしゃり
20180217_1 (8)

▼続いて、地鎮行事の「四方祓い(しほうはらい)」が行われました神主さんがお清めをしたあと、お神酒、お塩と順に撒き、土地を清めます
20180217_1 (9)

▼四方祓いが終わり、余ったお塩はご家族の皆様で撒いていただきました
20180217_1 (11)

▼思わず「可愛いー!」と、口から出てしまうほど、素敵な笑顔も見ることができました
20180217_1 (10)

▼テントに戻ったら、次に「刈初の儀(かりそめのぎ)」をご主人とご長男にしていただきました
20180217_1 (12)

▼奥様には「鍬入の儀(くわいれのぎ)」をしていただきました
20180217_1 (13)

▼「杭打の儀(くいうちのぎ)」は担当コンシェルジュの樋渡、現場監督の古藤が担当いたしました
20180217_1 (14)

▼地鎮行事もあとわずか、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行い、工事の安全と施主ご一家の末永いお幸せを願います
20180217_1 (15)

▼福岡工務店からは、設計の朴が代表して行います
20180217_1 (16)

▼最後に「昇神の儀(しょうしんのぎ)」にて、神様へお戻りいただきます
20180217_1 (17)

▼これにて、地鎮祭は終了です神主さんから「上棟札(じょうとうふだ)」が渡されます。保管方法などもあわせて教えていただけます
20180217_1 (21)

▼ご神前にあったお神酒を分け合い、お祝いの乾杯です
20180217_1 (19)

▼初めて見るお神酒に、興味津々なお顔をパシャリ
20180217_1 (18)

▼最後に近隣のご家庭への挨拶回りへ向かいます担当コンシェルジュはもちろん、スタッフがついていきますので、スムーズに回っていただけます
20180217_1 (22)

▼このたびの地鎮祭、誠におめでとうございますこれから本格的に始まる家づくり、ぜひとも楽しまれてください
20180217_1-(21)

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください