• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県小郡市A 注文住宅現場リポート⑤~中間検査前のチェック~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

6月10日(月)曇り。比較的涼しい日です。前回の上棟式から約10日。順調に工事は進んでいます

▼本日の現場です耐力面材が貼られ、家の外観が分かるようになってきました
20190610小郡市A_0032-min

▼「こんにちは~おじゃまします」一階もだいぶ形が見えてきました。棟梁の山﨑大工は「鋼製火打梁」の取り付けの最中でした「火打梁」は、小屋組の隅に入れる斜材で、地震や台風時に発生する水平力による変形を防ぐ役目があります
20190610小郡市A_0002-min
20190610小郡市A_0005-min

▼取り付ける位置によって、木の火打と鋼製火打ちが取り付けられます
20190610小郡市A_0007-min

▼本日は、明日の中間検査に向けての社内での事前確認を行います。現場監督の古藤と品質管理の木村で二重チェックをします金物等のゆるみがないか、ひとつひとつチェックしていきます。
20190610小郡市A_0014-min

▼チェックし終わった金物には、赤ペンでマークし印がついています
20190610小郡市A_0003-min

▼設計図面を見ながら、木村が確認して回ります。公的機関の中間検査以上に念入りな検査を福岡工務店ではおこなっています
20190610小郡市A_0022-min
20190610小郡市A_0009-min

▼あるべきところに、必要な部所に指定された金物が正しい施工で取り付けられているかを確認します
20190610小郡市A_0015-min
20190610小郡市A_0004-min

▼二階へ上がってみましょう。耐力面材が貼られ、窓の形が見えてきました
20190610小郡市A_0012-min

▼バルコニーの形も分かるようになってきました
20190610小郡市A_0013-min

▼耐力壁となる部分の面材の釘打ちピッチ(間隔)も確認求められる耐力に対して、適切なピッチで、適切な釘が打たれているかも検査の対象となります。
20190610小郡市A_0018-min
20190610小郡市A_0019-min

▼コロニアル拭き屋根も張られました
20190610小郡市A_0026-min

▼屋根の仕上がりや割れなどをチェックをしています
20190610小郡市A_0027-min

▼一方、棟梁の山﨑大工は間柱の造作へ。耐力面材が貼られ隠れてしまうところですが、丁寧なお仕事。職人の技ですね
20190610小郡市A_0031-min
20190610小郡市A_0029-min

それでは、次回のリポートをお楽しみに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加