福岡県小郡市02 注文住宅建築現場リポート⑧

こんにちは。12月27日(金)晴れ。

▼本日の現場です。足場が外れて外観が見えるようになりました。基礎部分が高くなっているのがわかります。

▼玄関ポーチではアクセントでサイディングを変えているのがすごくお洒落ですね。

▼1階部分です。石膏ボード貼りが終わりかけています。

▼LDK大容量収納も出来上がっています。すごく大きくて使い勝手が良さそうですね。

▼ユニットバスの取り付けも完了していました。

▼こちらの色の違うボードは、なんと磁石がくっつく特殊なボードとなっています。
様々な用途に活用できそうですね。

▼2階へ上がる階段の造作も完了しています。
腰壁部分の笠木も取り付けられて、しっかり養生されています。

▼本日は奥様がいらっしゃって打合せが行われていました。
奥様のご要望に対し、棟梁の野中大工と現場監督の古藤が様々な案を提案していました。
職人さんと直接話が出来るというのも注文住宅のいいところですよね。

▼その後、野中大工は和室部分の下地の取り付けを行っていました。
しっかり採寸を行い、丁寧にカットしていきます。

▼カットした木材をガンで打ち込み、金づちでミリ単位の調整を行います。
大工職人の流れるような作業風景を見ると、職人芸だなと感じます。

この後、内部では下地作りを行い、残りの石膏ボード貼り、造作作業と進んでいき、
外部では左官工事、タイル工事と進んでいきます。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください