福岡県小郡市02 注文住宅建築現場リポート②

こんにちは。10月8日(火)曇り。福岡県小郡市02の現場です。最近暑くなったり寒くなったりで気温の変化が激しいですね。季節の変わり目ですので、体調管理には気を付けていきましょう。
それでは早速リポートしていきたいと思います。

▼本日の現場です。基礎工事が始まり、捨てコンクリート打設まで終わっています。

▼こちらのグレーのシートはターミダンシートです。防湿・防蟻の効果があり、人体への安全性が高く環境にも優しいです。
生コンクリート打ち込み前にしか見ることが出来ないので、見られるのは今だけです。

▼周りに打ち込まれてる木は「遣り方」です。工事を着工する前に、正確な位置・寸法・角度・水平を出すために必要なものです。

▼GL+550とは、ここが設計GL(グランドライン)で、仕上がり予定地面から550ミリの高さになるという意味です。
基礎工事では欠かせない目印となります。
更にいつもよりも外周は500ミリ深い、深基礎となっています。

▼こちらはオプティフォームという基礎断熱材です。防蟻効果もあり、これで基礎部分を囲いこんでいきます。

▼これから配筋されていく鉄筋もしっかり養生されて届いていました。

この後、配筋工事、生コン打ちと続いていきます。

それでは次回のリポートもお楽しみに。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください