福岡県小郡市三国が丘01 リポート⑥ ~上棟式~

catです。

本日5月11日(土)、福岡県小郡市三国が丘の

建築現場で上棟の日を迎えましたsign01

▼広~い空き地に面しているので、

大工さん全員の車、福岡工務店全員の車、そしてクレーンを

ズラリと駐車することができましたhappy01

130511mikunigaoka-joutou1.jpg

▼道路にも面していて、抜群の“上棟工事環境bleah

130511mikunigaoka-joutou1-3.jpg

▼施主の車ですnote

朝早いにもかかわらず、ゆいちゃん、りょうすけくん、てっぺいくん、

み~んな元気chick

130511mikunigaoka-joutou2.jpg

130511mikunigaoka-joutou2-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou2-3.jpg

▼さあ、大工さんたちが仕事にとりかかる準備を始めました。

木材を覆っていたブルーシートを取り外します。

130511mikunigaoka-joutou3.jpg

▼土台には半透明の保護用シートを貼っています。

そのため、柱を建てる個所は、カッターでこのようにカットしていきます。

130511mikunigaoka-joutou3-2.jpg

▼棟梁を務める渡邉大工、田之上現場監督、そして施主が、

それぞれお米、お塩、お酒で清めます。

130511mikunigaoka-joutou3-3.jpg

▼今日の工事の安全を祈って、全員で乾杯sign01

chickキッズ3人組も、この時は神妙な顔つきwink

130511mikunigaoka-joutou3-4.jpg

▼施主一家が見守る中、工事が始まりました。

130511mikunigaoka-joutou3-5.jpg

▼柱の第1弾sign01

泊好樹大工と土崎大工の2人で、通柱を立てます。

130511mikunigaoka-joutou4.jpg

130511mikunigaoka-joutou4-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou4-3.jpg

▼柱を次々に立てます。

130511mikunigaoka-joutou4-4.jpg

▼ここに置かれていたのは、1階の柱と梁。

130511mikunigaoka-joutou5.jpg

▼柱はすぐに立て、梁は取り付ける場所に近いところに移動し、

寝かせておきます。

130511mikunigaoka-joutou5-2.jpg

▼小さな梁は取りやすいように、足場に置きます。

130511mikunigaoka-joutou5-3.jpg

▼あっという間にここまでいきましたhappy01

130511mikunigaoka-joutou5-4.jpg

▼次の写真は梁の第1弾sign01

130511mikunigaoka-joutou6.jpg

▼大きなものはクレーンを使って吊り上げます。

“若手”大工が両端でハンマーを使って柱に食い込ませます。

130511mikunigaoka-joutou6-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou6-3.jpg

130511mikunigaoka-joutou6-4.jpg

130511mikunigaoka-joutou6-5.jpg

130511mikunigaoka-joutou6-6.jpg

▼この現場には、超大きな梁が3本ありますhappy02

130511mikunigaoka-joutou7.jpg

130511mikunigaoka-joutou7-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou7-3.jpg

▼仮筋交いを“仮止め”しているところ。

130511mikunigaoka-joutou8.jpg

▼建て入れ直し。柱が垂直に建っているかをさげふりという器具で調べ、

鉄のチェーンみたいなものでギュギュと締めたり緩めたりして、

正すというもの。

「垂直だ」と認められたら、仮止めしていた仮筋交いに釘を打ちつけ固定します。

今日の建て入れ直しメンバーには、クレーンオペレーターの平川さんも…。

130511mikunigaoka-joutou8-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou8-3.jpg

▼火打ち梁が届きました。

130511mikunigaoka-joutou9.jpg

▼今取り付けているのは、多分「頭つなぎ」bearing

130511mikunigaoka-joutou9-2.jpg

▼斜めにかかっているこれが、火打ち梁です。

130511mikunigaoka-joutou9-3.jpg

130511mikunigaoka-joutou9-3-2.jpg

▼金物を置き…

130511mikunigaoka-joutou10-2.jpg

▼設置します。

130511mikunigaoka-joutou10-3.jpg

▼釘を電動でギュンギュンup

130511mikunigaoka-joutou10-4.jpg

▼2階の床材が運ばれると、番号を見ながら、所定の位置に運びます。

130511mikunigaoka-joutou11.jpg

▼電動で釘をシュパンシュパンシュパンと打ちます。

どうしても釘の頭が出てしまうため、それを金槌で打ちこんでいきます。

130511mikunigaoka-joutou11-2.jpg

▼床が敷かれると物を置くスペースができるので、

次々に材料が運ばれてきます。

130511mikunigaoka-joutou11-3.jpg

130511mikunigaoka-joutou11-4.jpg

▼2階用の柱を立てます。

130511mikunigaoka-joutou12.jpg

▼鉄製のさすまたを使ってグイっと押しこみます。

130511mikunigaoka-joutou12-2.jpg

▼ここで発見sign01木製のさすまたnote

130511mikunigaoka-joutou12-2-2.jpg

▼「さすまた」の語源を考えると、これは「さすまた」とは呼べないですが…

しかしよくできてるぅ~happy02

130511mikunigaoka-joutou12-2-3.jpg

▼柱が立つのも、梁が付くのも、早い早い。

130511mikunigaoka-joutou12-3.jpg

▼9人の大工たちが梁を持ち上げる、下で柱を支える、

ハンマーで打ち込むsign01

130511mikunigaoka-joutou12-4.jpg

▼見事な連携プレーが進められました。

130511mikunigaoka-joutou12-5.jpg

130511mikunigaoka-joutou12-6.jpg

▼こうして2階の柱と梁の取り付けが完了。

130511mikunigaoka-joutou12-7.jpg

▼休憩時間を迎えました。

130511mikunigaoka-joutou12-9.jpg

▼キッズ3人組が頑張っていますlovely

130511mikunigaoka-joutou13.jpg

▼お兄さんたちに、「お菓子をどうそ」。

130511mikunigaoka-joutou13-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou13-3.jpg

▼施主の差し入れで元気もりもり。

約30分の休憩の後、仕事を再開しました。

130511mikunigaoka-joutou14.jpg

▼2階も、梁と柱を金物で止めていきます。

130511mikunigaoka-joutou14-2.jpg

▼これがそう。

130511mikunigaoka-joutou14-3.jpg

▼手で止めたものを電動でガガッときつく固定します。

130511mikunigaoka-joutou14-4.jpg

▼これから一気に上棟に向かいます。

130511mikunigaoka-joutou14-5.jpg

130511mikunigaoka-joutou14-6.jpg

▼小屋束のもっとも高い位置に棟木を取り付けます。

130511mikunigaoka-joutou15.jpg

130511mikunigaoka-joutou15-2.jpg

130511mikunigaoka-joutou15-3.jpg

130511mikunigaoka-joutou15-4.jpg

▼好樹大工が手にしているのは、かすがい。

130511mikunigaoka-joutou16.jpg

130511mikunigaoka-joutou16-0.jpg

▼この位置でも仮筋交いで柱や梁を垂直・水平に固定します。

130511mikunigaoka-joutou16-2.jpg

▼建て入れ直し。

130511mikunigaoka-joutou16-3.jpg

▼ついに垂木の取り付けに。

130511mikunigaoka-joutou17.jpg

▼垂木の先端部には、タルキックという名前のネジを打ち込みます。

面白いネーミングhappy01

130511mikunigaoka-joutou17-2.jpg

▼壁になる個所に、面材を張ります。

130511mikunigaoka-joutou17-3.jpg

▼面材を適正な大きさにカットしているのは、渡邉大工。

130511mikunigaoka-joutou17-4.jpg

▼そして正午を少し回ったころ…。

施主のおもてなしの食事会が始まりました。

130511mikunigaoka-joutou18.jpg

▼みんなでおいしい料理に舌鼓。

130511mikunigaoka-joutou18-2.jpg

▼…がしかしsign01

キッズ用の特性豪華弁当なのに、午前中にお菓子を食べすぎて、

一向に減りませんbearing

130511mikunigaoka-joutou18-3.jpg

▼そんなこんなで昼食後。

ご夫妻はマイホームに初めて上りましたwink

「田園風景がすごいsign01」と感動のご主人。

130511mikunigaoka-joutou18-4.jpg

▼「バルコニーからは、こういう景色が見えるんだね」としゃがんでみたり…。

130511mikunigaoka-joutou18-5.jpg

▼その感動をカメラに納めていましたhappy01

130511mikunigaoka-joutou18-6.jpg

▼約1時間の昼食時間を経て、仕事を再開した大工さん達。

遠くからのこの様子、圧巻ですsign01

130511mikunigaoka-joutou19.jpg

▼屋根の断熱材もどんどん張られていきます。

130511mikunigaoka-joutou19-2.jpg

▼専用のテープで固定します。

この技術も、気密性を保つための重要なポイントです。

130511mikunigaoka-joutou19-3.jpg

▼そうした作業を見つめ、撮影しているのは、

第三者検査機関の係員lovely

130511mikunigaoka-joutou19-4.jpg

▼断熱材の上に合板を張りますが、その間に通気胴縁が入ります。

この長い木がそうです。

130511mikunigaoka-joutou19-5.jpg

▼なんと美しい光景でしょうshine

これを目に焼きつけながら、catは現場を後にしたのでしたnote

130511mikunigaoka-joutou19-6.jpg

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください