福岡県那珂川市06 注文住宅建築現場リポート④~木工事・筋交い~

こんにちは。リポート担当の平野です。8月21日(土)曇り。今回は上棟の翌日にレポートに行きました。上棟直後にどのような作業が行われているか見てみましょう。
それでは早速レポートスタートです

▼本日の現場です。

▼1階部分です。

▼棟梁の泊大工が筋交いの施工を行っていました。
筋交いとは柱と柱の間に斜めに施工するもので、家の耐震性や耐風性を強める効果があります。建物が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱となっています。

▼まず、柱と横架材の間に木材を合わせて、隙間なく施工できるように採寸・カットしていきます。

▼より強く安全な家づくりのために、ミリ単位で調整を重ねていきます。

▼こちらは間柱の加工を行っている様子です。間柱は構造上主要な部材ではありませんが、筋交いと固定し補強する役割があります。また間柱と筋交いを固定することで、それぞれの部材の反りや湾曲を防止できます。

▼加工した筋交いと間柱をはめ込み、ガンで固定します。

▼仕上がりはこんな感じですこれから筋交いプレートも取り付けられます。

▼泊大工の弟子のケント君です。2階部分の筋交いの施工を行っていました。

▼先ほどと同様に採寸・カットを行い、加工した部材を取り付けて行きます。

▼図面で1つひとつ確認しながら丁寧に作業していました

この後も引き続き筋交いの施工が行われ、金物取付け、金物検査へと工程が進んでいきます。

それでは、次回のリポートをお楽しみに!

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください